2010/03/18

創氏改名再び

自分の国籍が変わったのに、新しい国籍の国で活動しようとすると、自分の名前がその国では不自然で生活や商売に色々と影響が出るから、名前を変えたいという人がたくさん出てきた。このため、公的に新しい国風の名前を認めてあげるサービスが生まれた。これが創氏改名についてのざっくりとした私の理解です。

こういうニーズはどこにでもあるのか、韓国でもようやくその意義に気付いて現代版創氏改名を推進するようになったようです。今頃わかったかボケ!という感じです。3月18日付の朝鮮日報に紹介されていました。

ホント、申込用紙とかもそうですが、ネットで何かを申し込む際でも、姓名(氏名)の記入欄って3~4文字分しかスペースが無いんですよね。

<以下引用>
 2003年5月にフィリピンから全羅南道海南郡に嫁いできたアジェニス・エイチレイエスさん(31)は、ハングルで11文字になるフィリピン式の名前のまま、2006年に韓国国籍を取得した。国籍取得時、韓国式の名前に改名申請ができることを知らなかったからだ。その後、銀行で用事を足すときや、病院に行くたびに、長い名前のせいでかなり不便な思いをしてきた。韓国人になったのに、名前のせいでよそ者だというレッテルを張られてしまう。さらに、来年小学校に入学する7歳の子供が、母親の長い名前のせいで学校でいじめられるのでは、と心配でたまらない。
 しかしエイチレイエスさんは、海南郡の支援により、近いうちに「インヘ(仁海)」という韓国名に改名できることになった。姓は造船所で働く夫のチェ・ソンウクさん(39)の姓になる。海南郡花源面唐浦村に住んでいるため、本貫(姓氏発祥の地)は、村名の「唐浦」に決めた。エイチレイエスさんは「わたしが唐浦チェ氏の始祖となるわけね」と話した。
 海南郡には今後、多く見積もって数百個の新しい本貫が誕生する見込みだ。最近、郡がフィリピンやベトナム、中国、カンボジアなどから移住した女性に対し、無料で改名サービスを開始したためだ。郡の担当者は「ハングル改名の過程で、本貫は既存の本貫と重ならない限り、居住地域の名前をそのまま付けられるようにする」と話している。
 現在、海南郡に住んでいる海外からの移住女性403人のうち、131人がすでに韓国国籍を取得している。郡はこのうちハングル改名がまだ済んでいない49人全員について、改名支援に乗り出した。今月23日から法律構造公団の弁護士の支援を受けて、面(郡内の下部行政単位)事務所ごとに直接訪問し、移住女性の改名作業を手助けする。15万ウォン(約12000円)の改名手数料も全額支援する。
<引用終わり>

朝鮮王朝が滅んで晴れて棚ぼた式に東洋の文明国日本の国民になれて居住地からの移動の自由も保障されたのを良いことに、満州で無知蒙昧なる中国人相手に暴利をむさぼる商売を始めようと思ったのに、自分の名前がネックになって朝鮮人であることが漢字が読める中国人には簡単にバレてしまうので、どうか日本人としての名前を認めて下さい、というのと何が違うのか、という話ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/07

北朝鮮放水攻撃

南北境界線の川である臨津江(イムジンガン)で、上流の北朝鮮のダムから予告無しの放水が行われ、キャンプ中の韓国人が流されたそうで。

亡くなった方には気の毒ですが、お互い様って感じですね。
北朝鮮でダムとか河川の管理がどのくらいまじめにやられているのかなんてのは知ったことではないのですが、所詮官僚(軍?)機構の末端のグダグダな北朝鮮の人間がやっているということを頭に置いていないと痛い目に遭うと言うことでしょう。正直、あんまり意図的なものを感じません。単なる過失というか重過失っぽいところに余計にグダグダ感を感じます。

このイムジンガンですが、「軍事境界線上の川」ということで、基本的には河原は鉄条網が張ってあって立ち入り禁止なのです。場所によっては川底に地雷とかも埋めてあるそうな。要するに北朝鮮兵あるいはスパイが泳いで渡ってくるのを防ぐためです。漢江との合流部は黄海に近いということもあり、干満の差も激しく、流れが行ったり来たりという状態だったと記憶しています。

ただ、事故のあったヨムチョンから上流の板門店にかけての区域は、流れが東西方向で、北側の対岸も韓国領なので、管理が甘かったんでしょうね。それでも上流部が北朝鮮であることは誰もが知っていることであって、こんなところでキャンプなんて、できるようにする行政も行政だし、実際やってしまう韓国人も韓国人です。

上流にはレジャーで川に来る、しかも河原で睡眠を取る人がこの世に存在するなんてことを想像もできない人たちがいるということを想像できてないんですよね。軍事政権の頃は住民を農地に縛り付けて定住を強制し、兵役を免除する代わりに地域内の相互監視を徹底していた地域なんですが、緊張感が緩むとこのていたらくな訳ですね。

ちなみに私の驚きは、この記事に書いてある「9人は自ら泳いで助かり、」という記述。韓国人って泳げるんだ、とね。学校にはプールがないので水泳を教わらないと聞いていたんですが、最近は水泳教室とかのおかげで泳げる人も増えてきたということでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/03

手は洗わないでしょう。

Photo_2

新型インフルエンザの再流行を踏まえ、いまさらトイレを出るときには手を洗おうという記事が出てました。人間の習慣なんてそうそう簡単に変わるものではないのですが、まぁ、勝手にしろと言うところでしょうか。私、当面韓国行かないし(笑)

ところで、この写真ですが、韓国にいたときに地方の高速道路のPAのトイレに貼られてあったポスターで、面白すぎて思わず撮ってしまったものです。慶尚南道という都道府県に当たる地方公共団体が作成したもので、手には細菌がいっぱい付いているので手を洗いましょう、そうすれば食中毒は90%予防できます、みたいなこと書いてあります。

ほんと、保育園か幼稚園かって感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/01

ダシダ

ダシダとは、韓国版の粉末ダシのことですが(リンク先の加工食品のページをクリック)、牛肉とかのエキスでできているらしいです。スーパーでたたき売られている印象しか無く、家ではニンニクの臭いが家具やら体に付くのを嫌って韓国料理を一切食べなかったこともあり、一度も購入しませんでした。

もちろん牛肉という成分と異様な値段の安さとの関係に疑問を持ったというのもあります。それにしてもいかにも日帝残滓なネーミングですよね~。笑えます。

でも、ちまたの食堂では大量に使用されているらしく、韓国料理の味が濃く、韓国人に高血圧が多いのはダシダのせいとも言われてました。たしかに安易に味が付いてしまうみたいです。

このダシダ、中央日報によれば日本でバカ売れらしいですが、どこの日本のことを言っているのやら。

ちなみにここで紹介されているCJ第一精糖は元々はサムソン系です。昔は砂糖は貴重品だったのでそれを一手に扱う第一精糖はサムソングループの稼ぎ頭という時代もあったようです。CJとは第一精糖を韓国語読みしたチェイル・ジェダンの略称のはず。

在任当時はホットーケーキミックスとか買ってましたけど、味はそこそこですかね。可もなく不可もなくという感じ。
ただ、日本のライオンと合弁会社を作って韓国でキレイキレイのハンドソープとトップを売ってくれたのには助かりました。特に洗剤は、韓国のものは臭いがきついのと洗濯後に粉が残るので使えなかったんですよね。

色々な意味で懐かしい。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/08/23

ドアの電子ロック

韓国に住んでいたときはご多分に漏れず賃貸マンションに住んでいました。

入居してすぐに不動産屋から買わされたものは、後付式というのでしょうか、市販されている玄関の電子式の鍵でした。具体的にはテンキーが付いていて、暗証番号を押すと解錠するってタイプです。これに元々付いている鍵と合わせて二重のロックをするというのが一般的でした。

玄関の元々の限ってのはよくあるいわゆる玄関の鍵でして、何の工夫もない感じ。なので電子ロックがはやるのがよくわかるところです。なんというか、アナログ技術の発展をすっ飛ばしていきなり安易にデジタルに飛びつくって、韓国ほかアジア諸国ではよくあるパターンです。

マンション1階の入口にもテンキー式の鍵が付いているのですが、こちらは玄関に併設されている警備室にいる警備員が買収されれるのか、住民の手引きがあるのかは知らないのですが、暗証番号がピザ屋とかクリーニング屋に筒抜けで、信用できないんですよね。この辺もアジア的。

泥棒が1階の入口を易々と突破して、電子ロックを目の前にして何をするのか。その一つの回答を私は韓国にいたときに実例として教えられました。鍵がだめなら反対側の蝶番を破壊してドアを外しちゃうのです。いや、この話には度肝を抜かれました。コロンブスの卵的ではありますが、ちょっと想像を超えるやり口ですよね。

日本人でそのような被害に遭った方がいらしたのでその手口を知ったのですが、エレベーターを降りたらなぜか自分の家の中が丸見えで、何が起こったのか状況を把握するのに時間がかかったそうです。ちなみにドアは廊下の壁にご丁寧に立てかけてあったそうです。

ま、それはそれとして、朝鮮日報日本語版は相変わらず何でもウリナラマンセーでして、ついにこの電子ロックまで自慢し始めました。

でも確か韓国でもマンションのドアは共有部分であり、勝手に工事なんかはしてはいけないはず。でもマンションの管理組合にお伺いを立てる手続をしたなんて話は聞いたことがないですし、結局みんなやっているからと言うことでなし崩しなんでしょう。マンションの共有財産の価値を毀損しているという意識が無いんでしょうね(最新のマンションだとドアに元々装備されているんでしょうかね?それにしても大多数のマンションは後付式だと思います。)。あー、そういえば最初に電子ロックを取り付けるときって、マンションのドアの枠の所にも勝手に穴開けちゃうんですかね。あ-、でも元々付いている鍵とは完全に別になっているのできっとそうだな。。。すごいなぁ。

鍵師には到底開けられない鍵穴のパターンの鍵を開発するとか、pasmoで開くようになるとか、ドアが変にいじられると警備室に通報が行くとかいう構造にするというのが日本のやり方ですが、やっぱりmp3の初期の爆発的普及の時と一緒で、ユーザーの違法行為が前提にある商売の仕方をするんですよね、韓国メーカー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/26

ポンテギ食えない人=私=韓国生活初心者

えぇ、もう全然結構です。韓国生活初心者ってことで。

在韓米軍の新聞に、「ポンデギを食べたことがなければ韓国生活を完全にしたとは言えない。」という記事が掲載されていたとの楽しげな報道があったそうです。

あー、久しぶりに聞きました、ポンテギという単語。カイコのサナギを加熱したものなんですが、これイヤなんですよ。本当に。路上で調理する臭いが。何と表現したら良いんでしょうかね。明らかにほ乳類系を加熱したのでない、妙な生臭さ、ぬるい感じ、昆虫系の体液を抽出して加熱したらこうなるんだろうなという臭いということになるんでしょうか。

もうほんと、ソウルだろうが田舎だろうがどこに行っても売ってるポンテギ。この臭いがモワッと来ると会話が止まるし、臭いをかいだ瞬間に風上を探すんですよ。ということで、近付くのもダメだったので、当然食べたことがありません。姿も「生まれたての三葉虫」みたいですしね。

個人的に一番思い出深いポンテギは、ソラク山という観光地で、雪もそれなりに降って結構厳しい環境だったのですが、そこを「寒い~。何にも見るべきものがない~」とか文句タレながら歩いていた時に、この生暖かい臭いが私の鼻を襲った時です。韓国随一の観光地をバカにした発言への半島からの復讐かと思いましたよ。

在韓日本人の中でもポンテギは苦手という人は多かったです。女性は特に。

にしても今さら在韓米軍が取り上げるのも面白いですね。何十年もいるのにという感じです。色々言い訳は書いていますが単なる「釣り」のような気も(笑)。

それにしても、ポンテギは日本には無いし、仮に中国にも無いということになると、正に韓国人が誇らしげに語りたがる真正のウリナラオリジナルのOINK(Only IN Korea)な伝統食品ということになりますね。そうであるならばもっと宣伝しても良いと思うのですが、記事中のソウル市の役人へのインタビューでは「韓国のさまざまな姿を知らせようという趣旨は十分に理解し共感できるが、トッポッキ・たい焼き・ホットッのように外国人も負担なく楽しめる食べ物ではなく、なぜポンデギを取り上げたのかよく分からない」とつれないお返事。

犬食と同様、韓国人も出来れば隠しておきたかった食べ物だったんですかね。取材先が露骨に困惑しているのがよくわかる非常によいインタビューです(笑)。まぁ、いつものご都合主義というかなんというか、苦笑を禁じ得ないところではありますが、別に良いじゃないですか、堂々と頬張ってれば。

恥ずかしいと思うから「恥部」になっちゃうんですよ。誰が何と言おうと「ポンテギは世界遺産級の健康食品ニダ。」と強く主張していれば何百年か後には「そうかも」と思ってくれる人が何人か出てきてくれるんじゃないですか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/06/23

静岡空港受難

何かと話題の開港したばかりの静岡空港ですが、早速韓国人からの祝福の座り込みがあったようですね。

世界中でやっている航空便欠航時の韓国人の座り込み。天候不順による場合の欠航は確か補償の対象外という契約で航空券を買っているんじゃないでしたっけ?いちいち契約書読んで買っている人も超少数派でしょうけど、いずれにしても、ゴネれば何とかなるという思いこみの強い国民性、法律やら条約やら契約やらであらかじめ何が書かれていようとも自分が気に入らなければ「倫理に反する」とのかどで蹴飛ばしにかかるという国民性がこういう場面ではっきり出ちゃうんですな。

単純に危ないから飛ばないというだけのことなんで、客の安全が第一というからの判断かと思いますが、これまたギャンブル大好きな国民性からすると、そんなの飛んでみなければわからねぇだろ!って話にすり替わるわけです。

といいつつかくいう私も在住時に済州島からソウルに帰るときに強風により飛行機が欠航(これ、頻繁です。)になりまして、大韓航空のカウンターで韓国人よろしく?「どーなってんだよ。」と問い合わせてはみたんですが、もうけんもほろろの取扱い。さすが、本場の人はこういう時の対応は手慣れたものです。結局そのときはホテルを安い料金で紹介してもらってそれでおしまい。そばにいた他の韓国人も同様の対応でした。

静岡空港も、国際空港であることにこだわらないと便数が確保できないと言うことなんでしょうけど、やっぱり韓国に軸足を置くと痛い目に遭うってことでしょうかね~。

記事の最後に「計器着陸装置(ILS)が あればよかった。完全でない空港で開港したのはおかしい」との、これまたやたらに知識をひけらかしたがる韓国人のインタビューが載ってますが、これが事実だとすると、韓国のパイロットは機械の誘導がないと滑走路でないところに降りてしまう性質があるようなので、やっぱり欠航は正しい判断と言うことになりますね。

ちなみにwikiによれば、静岡空港には管制官がおらず、機長の判断で離着陸する空港みたいですね。ってことは、やっぱり良い判断だったってことじゃないですか(笑)。

ところで、ホテル代の支払はどうなったのか、気になるところではありますが、航空会社が大韓とアシアナということなので、放っておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/16

焼酎(ソジュ)とキムチがあれば・・・

韓国在住の時、ちょうど中国で鳥インフルエンザの大発生というのがあり、北京近郊の村が丸ごと隔離されたなんて話があったりもしました。そのとき、国境は閉鎖されているとはいえ一応地続きなので「鳥インフルエンザは心配じゃないのか?」と色々な韓国人に聞いてみたのですが、そのときの答えというのが一様にキムチには体内の消毒効果があるし、焼酎などのアルコールも摂取してるからウィルスは死んでしまうんだよ、だから韓国人は鳥インフルエンザにはかからない、というものでした。

真顔で言う人もいればヘラヘラ笑いながら言う人もいるのですが、言っている内容は全く一緒だったんです。
さすが呪術の国、と思ってしまいましたが、幸か不幸か、そのときの騒動は中国国内で完結してしまったので、この韓国人安全説を立証することは出来ませんでした。

で、今回の新型インフルエンザですが、朝鮮日報は、韓国人は罹患したこと自体に気付いてないかもしれないという記事を掲載していました。いかにもありそうな話で、笑ってしまいました。日本文化圏の影響下にあり何でもさんざんパクル韓国ですが、他人に迷惑をかけることが悪という概念は社会に根付いてないんですよね。相変わらずの「お気楽儒教国家」だなぁと思った次第。

話は変わって本日の日経ビジネスオンラインの記事。IDとか無いと入れないのかもしれませんが、一部引用すると、今回の騒動の震源地であるメキシコでは、こんなようすだそうです。

<引用開始>
 5月2日。筆者はオアハカ郊外の村へ、「キンセアーニョス」(女の子が15歳になったお祝い)のパーティーに、やや緊張しながら参加する。夕方から夜遅くまで約300人の招待客は食べて飲んで踊って、時間を楽しんだ。

 私の不安をよそに、マスクを着けている人は誰もいない。驚いて、参加者に質問してみた。「チレ(唐辛子)を食べて地酒のメスカルを飲んでいるから、新型インフルエンザにはならないのよ」。彼女は笑いながら答えてくれた。
<引用終わり>

チレをキムチ、メスカルを焼酎に読み替えると正に韓国。

とにかくマスク、という風潮は私もどうかと思いますし、パーティの参加者が全員マスクを着用して談笑してたら光景としては結構シュールなモノがあるとは思いますが、アメリカという国はこういうメンタリティの隣国を地続きで抱えて、、そればかりか一部地域は割譲状態という事態にまで陥っているんだなぁと、さらにいえばFTAまで結んじゃってるということも思いだし、変な同情心が湧いてきてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/28

宣徳女王(笑)

中央日報のサイトの中で、「宣徳女王」という文字が見えたので、「まーた想像上の生き物を作り出したのか、こいつらは。」と思ってそのページを開いてみるとドラマの宣伝でした。

もちろんドラマそのものを見ていないので、確たることは言えませんが、新羅の女王と言えば宣徳ではなく善徳女王ですので、例の「漢字知らない病」が発病したようですね。「宣」と「善」ってハングルが一緒なんですよ。共にソンと読みます。

この人、朝鮮半島史においては新羅の対百済戦争の終末期で大きな役割を果たしているし、結構な重要人物かと思われるのですが、他国語版とはいえ、平気で漢字間違えるんですね~。

そのうち亡くなった大統領の名前さえ漢字でまともに表記できなくなるんじゃないですかね(笑)。市井の国民レベルでは既に出来てないですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/27

警備担当の「プライド」

先日韓国人の言うプライドと盧武鉉前大統領の自殺について書かせてもらいましたが、その後、前大統領の警備担当が嘘の証言をしていたことが報道されました。

この報道によれば処罰されることを恐れて嘘をついたそうです。

事実よりも仕事よりも例の自分の「プライド」が優先されたということです。現職の警官で、しかもVIPの警備担当と言えば警察の中でも組織として信頼されている人物が就くと思うのですが、それでもこの程度のレベルですかということですね。

自分に都合の悪いことは無かったことになるというのは韓国ではよくあることなんですが、、、民族性として信用できないというのはこういうのの積み重ねが根拠になっちゃうんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧