« 2010年3月14日 - 2010年3月20日 | トップページ

2010/05/25

日韓戦

久々に投稿しようと思わせるくらいのひどい出来でしたね。
韓国にこんなに明確な形で完敗したのはいったい何年ぶりのことなのか。

パスの精度、走力、アイデア、連動性、トラップ能力、気迫、どれもこれもが韓国選手より下になっているとは。。。「後退」という言葉が頭をよぎりました。

中村俊輔も体調が悪そうで、本田の出足が決定的に遅くて、そうなってしまうと遠藤の良さが出なくなるんですね。今野が全く上がらないのか上がれないのか、それによって攻め手を欠く悪循環に陥っていたような気も。やっぱり今野をサイドバックに置く意義がよくわからない。いくら岡田監督自身が発掘した選手とはいえ、そういう使い方はないだろうと思ってしまいます。守備自体も消極的な感じでした。

それにしてもパク・チソン。走り回ってこぼれを拾うだけが能の選手と思ってましたが、あそこまでそのことを極めると中田英寿とはまた違う存在感を発揮するものなのですね。チーム全体としても「俺たちにはパク・チソンがいる」という気持ちがみなぎってました。

韓国代表は、Jリーグでプレーする選手が増えてきたからなのか、日本代表と同じようなサッカーを指向しているようにも見えました。ロングボールが少なくなり、結構中盤でガツガツ来るのにはちょっと驚きました。あとチャ・ドゥリのサイドバックにもびっくり。こういう使い方があるのかと思いました。

それにしても日本代表。開き直ってどうなるというものでもない感じの負け方はかなり深刻ですね。韓国から帰国以来、Jリーグのゲームを見ていて、常々個人技の精度が荒くて体の使い方が悪くなっていることにイライラすることが多かったのですが、やっぱり細かいことが出来ない人に大きなことは出来ないと言うことなのでしょう。良い勉強になりました。

次期監督選びの方に関心が行ってしまいそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月14日 - 2010年3月20日 | トップページ