« 宣徳女王(笑) | トップページ | 静岡空港受難 »

2009/06/16

焼酎(ソジュ)とキムチがあれば・・・

韓国在住の時、ちょうど中国で鳥インフルエンザの大発生というのがあり、北京近郊の村が丸ごと隔離されたなんて話があったりもしました。そのとき、国境は閉鎖されているとはいえ一応地続きなので「鳥インフルエンザは心配じゃないのか?」と色々な韓国人に聞いてみたのですが、そのときの答えというのが一様にキムチには体内の消毒効果があるし、焼酎などのアルコールも摂取してるからウィルスは死んでしまうんだよ、だから韓国人は鳥インフルエンザにはかからない、というものでした。

真顔で言う人もいればヘラヘラ笑いながら言う人もいるのですが、言っている内容は全く一緒だったんです。
さすが呪術の国、と思ってしまいましたが、幸か不幸か、そのときの騒動は中国国内で完結してしまったので、この韓国人安全説を立証することは出来ませんでした。

で、今回の新型インフルエンザですが、朝鮮日報は、韓国人は罹患したこと自体に気付いてないかもしれないという記事を掲載していました。いかにもありそうな話で、笑ってしまいました。日本文化圏の影響下にあり何でもさんざんパクル韓国ですが、他人に迷惑をかけることが悪という概念は社会に根付いてないんですよね。相変わらずの「お気楽儒教国家」だなぁと思った次第。

話は変わって本日の日経ビジネスオンラインの記事。IDとか無いと入れないのかもしれませんが、一部引用すると、今回の騒動の震源地であるメキシコでは、こんなようすだそうです。

<引用開始>
 5月2日。筆者はオアハカ郊外の村へ、「キンセアーニョス」(女の子が15歳になったお祝い)のパーティーに、やや緊張しながら参加する。夕方から夜遅くまで約300人の招待客は食べて飲んで踊って、時間を楽しんだ。

 私の不安をよそに、マスクを着けている人は誰もいない。驚いて、参加者に質問してみた。「チレ(唐辛子)を食べて地酒のメスカルを飲んでいるから、新型インフルエンザにはならないのよ」。彼女は笑いながら答えてくれた。
<引用終わり>

チレをキムチ、メスカルを焼酎に読み替えると正に韓国。

とにかくマスク、という風潮は私もどうかと思いますし、パーティの参加者が全員マスクを着用して談笑してたら光景としては結構シュールなモノがあるとは思いますが、アメリカという国はこういうメンタリティの隣国を地続きで抱えて、、そればかりか一部地域は割譲状態という事態にまで陥っているんだなぁと、さらにいえばFTAまで結んじゃってるということも思いだし、変な同情心が湧いてきてしまいました。

|

« 宣徳女王(笑) | トップページ | 静岡空港受難 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76877/45357007

この記事へのトラックバック一覧です: 焼酎(ソジュ)とキムチがあれば・・・:

« 宣徳女王(笑) | トップページ | 静岡空港受難 »