« コピー、お茶 | トップページ | 自転車乗るの? »

2008/10/30

ネットにおける問題解決能力の欠如について

今回の経済危機では韓国も色々と影響を被っているようですが、この朝鮮日報の記事を見ると、ネットにおける問題解決能力の有無というのが日韓のネット環境においては決定的に違うのだなぁという思いを改めて強くします。

2ちゃんねるみたいなネットは「ゴミ溜め」、「便所の落書きレベル」みたいなことをいう人がいまだにいますが、そういう人達は実際に便所の落書きと見比べたことがあるんでしょうかね?

確かにつまらん、意味のないコメントが多いのも事実ではありますが、一方で「これは」と思わせるような的確なコメントや資料の提供が多いのもまた事実。そして、何かソースが提供されればそれが徹底的に叩かれてブラッシュアップされていく様子が時系列的にわかるのがこうしたサイトの優れたところです。

既存のメディアや、権威化・既得権層化した「左翼系知識人」(笑)がこれまで作り上げてきた「論理」やら「常識」が最近目に見えて破綻してきているのは、ネット上で極端とも言える「ソース原理主義」が徹底されて、これまで誰も教えてくれなかった情報をみんなで共有できる社会が構築され、そこで形成されてきた主張に対して上記の既得権層が有効な(論理的な)対抗策を打ち出すことができなくなってしまったことが大きな原因であると感じます。

さて韓国のネットの状況ですが、日本のこのような環境とはまったく違い、掲示板サイトは文字通りのゴミ溜め。罵詈雑言と個人情報の垂れ流しです。

エンジョイコリアとかの翻訳掲示板サイトを見ておられる方ならすぐにわかるとは思いますが、「おまえのかぁちゃんデ~ベ~ソ~」以上の内容はありません。日本人的にはこんなこと言われても全く心に響かないので、落ち込むことも怒ることもなく、逆に発言した人の品性が下がるだけの話なのですが、お隣の自称「ネット強国」では、そういう事実をもって「ネット上での批判が高まっている」ということになり、自殺したり激ヤセしたりする人も出てきてしまう。民族性、感受性の違いもあるのでしょうが、精神年齢の低い人に高価なおもちゃを与えるとろくなことにならないということなんじゃないでしょうかね。

私は、韓国を知らない人に「韓国ってどんなところだった?」と聞かれれば、「簡単に言うとインフラ一流・人間三流の国」と答えているのですが、彼らのネット上のやりとり(≠議論)はその現状を象徴していると思います。

韓国経済が墜ちていくことに関して、ネット上にデマが広がって収拾が付かないみたいなことが記事になっているのですが、日本であれば上でも書いたように、色々な人が情報を持ち寄って学問的、論理的に批判をしあう中で議論が収集していくのですが、韓国の場合は、せっかく誰かが資料を持ち寄ってもネットユーザーに肝心の読解能力、分析能力が欠如しており、感情論ばかりが先行するので資料の適切な取捨選択が行われず、結局議論が拡散して収拾が付かなくなり、不安ばかりが煽られるから問題になってるんじゃないかと想像するところです。

朝鮮日報の記事は、ネットでは問題が解決できなかったので、インテリの象徴であるマスコミ様が「静まれ愚民ども!」と言わんばかりに登場し、民草を安心させてやろうという趣旨で書かれたと解釈するのは無理がありますかね?要するにマスコミ社員のレベルにネットユーザーのレベルが追いついていない発展途上国と同じ環境だと。私はこの記事からそのようなことを読み取った次第です。

結局、市井のネットユーザーのレベルが低いんだと思うのです。デマをデマだと判断する能力がないんですよ。こういう現象って、韓国のエリート偏重主義が招いた弊害なんでしょうか。一部の能力が高い人間を育てることに躍起になり、国民全体の知能レベルやモラルの底上げを怠ってきたツケがネットにおける議論の深まりのなさという形で象徴的に表に出てきてしまったのではないかと、想像しているところです。

ところで、2年前まで韓国にいた実感では、韓国経済はいきなりバタッと倒れるという脆弱な体質ではないと思います。不動産(マンション)バブルの崩壊は憂慮要因ですが、これはどちらかというと企業会計よりは家計を直撃する問題という認識です。今後、中小はバタバタ行くかも知れませんが、大手は国内中小を切って日本や中国に依存する体制をより強化すれば、収益や売り上げの規模は落ちるにしても、何とか乗り切れるんじゃないかと思っています。

韓国が恐れるべきは「茹でガエル」状態になることであり、家計も企業会計も物価高等により徐々に体力をむしばまれ、いつのまにか何もできなくなっているという閉塞状態に陥ることなんじゃないでしょうかね。

でもこうしたゆっくりとした変化に対応する能力も経験も彼らには備わってない(ていうか、普通は誰にとっても難しいことですがね。)ですから、いずれにしても厳しい時代が到来したことは間違いがないようには思われます。

|

« コピー、お茶 | トップページ | 自転車乗るの? »

コメント

黒子さん、初めまして!

過去の文章をお読み頂いていたとのこと、どうもありがとうございます。
まぁ、何が「最悪」かについては色々と議論があるところですが(笑)、ウォン安がここまで進行すると、鵜飼い経済を体現するハイテク製品はともかくとして、手のかかっていない農産品やバッタもんを中心としたローテク品の輸出にはこれ以上ない追い風なのかも知れませんね。
世界経済ランキング「10位圏内」(←いつのまにか範囲が広がったような。。。)の国のプライドは満足させられないでしょうけどね。

97年当時と決定的に違うのはネットの普及でしょうか。どんなことにも一般市民が有効な形で声を上げられるようになったのは大きいとお思います。恣意的な、怪しげな動きはしっかりチェックしましょうね!

投稿: 管理人 | 2008/11/28 10:22

初投稿します。
お休みの間にアクセスして、ROMしてた者です。


> 今後、中小はバタバタ行くかも知れませんが、大手は国内中小を切って日本や中国に依存する体制をより強化すれば、収益や売り上げの規模は落ちるにしても、何とか乗り切れるんじゃないかと思っています。

そうなんですね…
最悪な事態は避けられそうでしょうか。

数ヶ月前から、経済危機の話があって、
これでまた97年のときに負けないほどひどい結果が待ってるのかと
想像してたんです。
とにかく、それで日本がまた大金を拠出して、もちろん
それを踏み倒されてしまうのかと思ってました。

投稿: 黒子 | 2008/11/20 00:23

お久しぶり!さん、こんにちは。
お久しぶりなんですね(笑)

再開したものの極めて不定期更新で恐縮しております。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: 管理人 | 2008/11/18 18:40

welcome back!!

やっぱここのネタは落ち着くなぁ。
最近流行の「2chコピペ系」や「韓国経済系」よりも、
生活っちゅーか、地に足のついたネタっちゅーか、
日常の一面から見た文化比較、楽しくて落ち着くなぁ。

韓国と関係なくても、「From SEOUL!」さんの
トークが読みたい。これからも楽しみにしてます!

投稿: お久しぶりです! | 2008/11/18 11:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76877/42952951

この記事へのトラックバック一覧です: ネットにおける問題解決能力の欠如について:

« コピー、お茶 | トップページ | 自転車乗るの? »