« 旧正月と北朝鮮 | トップページ | オリンピック候補地、平昌 »

2007/02/25

犬小屋

ついに見つけました。犬小屋。。。

ソウルの郊外、といっても1時間くらい車を北に走らせた田舎ですが、なんと国道沿いの家の庭先に不自然なくらいに多くいる、同じ種と見られる犬たち。。。

しかもなぜかわかりませんが、その同じ種が3匹くらいは普通の犬小屋で飼われている様子。子犬だからかも知れませんが、大きいのもいるし。どういう区分なんだろう。犬なりに媚びを売ったということかな。謎だ。。。

ということで、もう、気持ちを抑えることが出来ず、作業をしていた家主らしき人に見つからないように、しら~、っと激写してしまいました。私が来たのが夕方でちょうどメシ時らしく、必死に吠えてアピールする犬たちの叫び声が農村に響いていました。正直、痛たましさだけを感じてしまいました。

ちなみに韓国人から聞いた話だと、屠殺する際には、普通に締めるのではなく、殴り殺すと美味しくなるそうです。私は幸いなことに犬は未経験です。

ちなみに韓国人の中にも、イヌ鍋を嫌悪する人がいます。特に若い女性は軒並み「私は絶対食べない」と言うのですが、日本人に対して見栄(?)張っているからかな?
とは言ってもイヌ鍋は文化だ、と言う人(特に物わかりの悪そうなおじさん)も結構多いです。犬を食えなきゃ男じゃないとでも言いたいようなおじさんにも何人も会いました。でも、なんか総じて逃げ口上のような感じ、言い訳っぽい感じ、「文化」だと言ってしまえば何をやっても許されるみたいな、免罪符を得ているかのようなある種傲慢とも言える雰囲気を感じ取るので、素直に同意は出来ないのです。

ちなみに、韓国人から「日本人だって馬肉を食べるでしょ?」と言われたときに「そうだけど、韓国みたいにわざわざ食べるために飼育をしたりはしない。」と反論したことがあるのですが、これって正しかったでしょうか?ま、はったりでも良かったんですけど。。

Dsc04914Dsc04920Dsc04924Dsc04923Dsc04917

|

« 旧正月と北朝鮮 | トップページ | オリンピック候補地、平昌 »

コメント

他民族が、何を食べようが、口を出すべきではない。

投稿: | 2008/06/19 04:47

日本で鯨やイルカ(!)を食べるのと同じようなもんですかね~

投稿: 禿げ | 2007/03/23 04:01

犬に限らず、屠殺のときは、暴れないように素早く止めを刺して、一気に血抜きをしないと、料理も生臭くなってしまうはず。
これは全ての食肉で共通のはずです。
魚や鳥を絞めるときも、一思いに殺して一気に血抜きをって言いますよね。
殴って苦しませて殺すなんて、その後の血抜きが手間だし、完全には血の臭いが抜けなくてくさくて大変だと思うのですが……。

投稿: 26thmoon | 2007/02/28 07:43

犬を食べるのも文化だけど家で飼ってる犬は食べたくないなぁ。。。
韓国の田舎出身の人は子供の頃、結構そういう経験あるそうですね、、、。日本の鶏みたいな感じ?
ヨンドンポだったかな?実験で使った犬まで食べさせるところがあるそうで、安いけど不味くて臭いそうなんです。
私的には、そこまでして、、、、って思いますが、眠れないくらい効果があるそうですね。
女性の整形と同様に男性の業でしょうか。。。

投稿: nana2 | 2007/02/27 10:59

アハッ。やっぱり表に出ましたね。屠殺方法。

投稿: 琉球の日 | 2007/02/26 08:44

 写真の場所、犬の養殖場なんですね。ウーン、犬食も文化?ということになればどうこう言えませんけど、実家に可愛いシェルティがいた立場から見ると心情的にはダメです。
 
 以前、中岡さんのブログを読んだときの記憶では、犬を生きたまま宙吊りにして棍棒で殴り続けてなるべく苦しませてから絶命させる方法をとるそうです。その方が肉が美味くなると信じられているとか。

投稿: 伊達邦彦 | 2007/02/26 06:39

競走馬は闇の部分が大きく、Wikiでも「競走馬」の項目では(引用開始)「表立って発表はされないものの乗馬繁殖用もかなりの割合で食肉(動物飼料・加工用、一部人間用)として処分されている。」(引用終わり)とあり、数年前新聞(日経?)沙汰になった記憶があります。

馬肉の産地とされる青森・南部地方では食肉用とされる種類の馬は肥育をしていないようです。
また、同地方八戸市のデパートで見かけるさくら肉には「外国産」の表示を見たことはないですね。

正直、私は馬肉にも抵抗があります。子供はすし屋(くるくるw)で馬刺しを頼みますが・・。これはもう理屈じゃなく感覚の問題ですね。脱線でした。失礼。

投稿: 琉球の日 | 2007/02/26 03:51

どうも、まいどです。

馬肉の件ですが、以下に詳しいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E8%82%89

犬食を云々する気はないですね。文化の違いですから。
だからと言って自分は犬を食べる気はないですが。
人間って、他の動植物の命を頂くことでしか生命を維持できないですよね?
そういうのを「業」って言いますけど、自分たちが日本人でよかったと思うのは
そういう物への感謝の気持ちが「いただきます」「ごちそうさまでした」
という言葉をもって継承されているところだと思います。

投稿: ひら | 2007/02/26 01:32

琉球の日さんへ。(私宛にも「様」でなくてけっこうです。)
 詳しくは知りませんが、検索で見る限りでは、競走馬の肉は衛生上ペット用にまわされる事が多いみたいですね。
 犬については、もう一昨年なのでどのブログだったか忘れましたが、昔実際に屠殺現場を見た方の記録(日記)が書かれたのを読んだ事があります。この方法で処理された犬肉は一切れでも食べる気になれません・・・。(生命に対する尊厳という考え方が根本的に異なりますね。) 確か19世紀の朝鮮半島での牛の処理の仕方も同じだったような。肉の中に血を沢山貯めて重くするためとか。

どぼんさんへ。
 「呪術パワー」説には納得!でした。理解できます・・。

投稿: あら座 | 2007/02/25 22:18

これ、犬小屋っていうと語弊がある。正確には犬牧場。もしくは犬養殖所。

投稿: ppk | 2007/02/25 15:49

トピックスと直接関係無い話ですが。

管理人様に「終わっている」とが評された例の人物。なぜか大阪で国際ワクチン研究所(本部:ソウル)のチャリティーコンサート。物販で肖像権が侵されたと訴えるとのこと。

サンウのチャリティー詐欺(所沢球場で2億円集め経費3億かかったとして寄付0円!)といい、一体「慈善」というものに対して韓国人はどう考えているのでしょう?

朝鮮語に「約束」という言葉が無かったと言われますが、「慈悲」とか「慈善」という言葉も無かったのでしょうか?

投稿: 琉球の日 | 2007/02/25 13:53

犬好き猫好きなので、それらの肉を自分で食べたいとは絶対に思いません。でも何を食べようとその民族の文化なのですから、韓国人は別にうしろめたそうに言い訳なんかしなければいいのに、と思います。
同様に、馬だろうと鯨だろうと、日本人が食べるのは日本の文化なのですから、誰にはばかることもありません。

ただ……わざと苦しめるような残酷な死なせ方だけは嫌ですね。
韓国の場合、「水に落ちた犬は棒でたたけ」ということわざが示すように、もともと弱い側をいたぶるのが当然という風潮があるようなので、「おいしくなる」云々は根拠のない後づけの言い訳ではないでしょうか。

投稿: Sei | 2007/02/25 13:41

屠殺の写真はないですが、下記のサイトに犬市場?の画像があります。犬を飼われてる方は見ない方がよいかも。
http://www.all-creatures.org/ha/kapsPhotos.html

以前ウサギを飼っていたので、個人的には犬食どころかウサギ食も抵抗があります。だからといって他人が食べることを否定するのは難しいですねぇ。

ちなみに上記サイトは過剰な動物保護を訴えていますので、全ての趣旨には賛同しかねますが。

投稿: Hototo | 2007/02/25 13:04

いつも楽しみに拝読しています。

今日の記事を読んで、「血と骨」を思い出しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E3%81%A8%E9%AA%A8
私は映画のほうは見てないんですが、文庫はとても面白かったですよ。

特に、圧倒的暴力で君臨していた在日1世のオヤジが、体力の衰えを感じ始めると、精気を取り戻すために、犬肉の「呪術(と呼びたいぐらい)」のトンデモ料理を連発します。

>>殴り殺すと美味しくなる
「血と骨」を読むと、呪術パワーを増すためには、普通の殺し方じゃダメなんだ!と納得できます。味とか滋養よりも、苦しんで死んだ分だけ、怨念パワーというか呪術パワーが増加する・・・みたいな感じでした。

投稿: どぼん | 2007/02/25 10:41

初めてお便り差し上げます。在韓6ヶ月目にして貴殿の文章による心の叫びに接し、すっかり衝撃を受け、以後欠かさず拝読しております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 実は私は犬鍋経験者です。実際には煮物とナベ、つまり犬のやわらか煮?と犬鍋をいただきました。私が経験した犬鍋はカムジャタンにブタを入れるところを間違えて犬を入れちゃった、という感じのものでした。

 この国の料理は中味はどうだろうといつも同じものを食べているような感覚に襲われます。もちろん実際はバリエーションもあり、素材の味が非常に活かされているものもあります。しかし食後にだいたい残るのはトウガラシとニンニクと油なのです。

 韓国人は「こんなにさまざまな味を持つ国は韓国しかない。和食より奥が深い。」と言います。しかし私には正直カムジャタンと犬鍋の違いがわかりませんでした。文化を理解するのは至極困難なことなのでしょうか・・・。
 

 

投稿: 在韓日本人 | 2007/02/25 10:34

「あら座」様。まあ、そういうのもあるのでしょうが、一般的に「競走馬運搬車」があらぬ方向に走っていく場合が・・・。「磐越道」を会津に向かう車がその目的だ。」と噂されています。
競走馬も勝てないと哀れ。

管理人様
これまた、在韓日本人の方のブログに、「翌日のお肌の張りが違う。」と日本人女性留(遊?)学生が喜んで食す話がありましたよ。勿論、肌に張りがある若い学生では無いようですが。

屠殺の仕方は・・・、話には聞きますが日本人(仏教徒?)の感覚では俄かに信じがたく、ご覧になったのでないならどうでしょう?

ちなみに、今回から「九州の日」改め「琉球の日」とさせていただきます。馬山市の「対馬の日」をエスカレートさせ慶尚南道あたりが「九州の日」を制定すると期待しておりました。
そしたらどっこい、九州を飛び越して、朝鮮人が琉球を支配していたことになっているそうで。
やっぱり、「斜め上」を行きますね。一筋縄ではいかない。

投稿: 琉球の日 | 2007/02/25 09:34

間違っています・・・。
http://www.29datoka.com/banikusakuraniku.html

日本に限らず、米国・カナダ・ヨーロッパ各国でも食用にしていますね。
韓国では食べないのでしょうか? ちょっと不思議な気がします。

犬肉は中国にもあるのですから、西洋人がなんと言おうが恥にならないと私は思うのですが。(食べたくは無いですが、興味が…。)
韓国女性が食べないのは、日本女性がスッポンを食べたがらないのに似たものがあります。

投稿: あら座 | 2007/02/25 06:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76877/14037652

この記事へのトラックバック一覧です: 犬小屋:

« 旧正月と北朝鮮 | トップページ | オリンピック候補地、平昌 »