« ☆二つの世界遺産 | トップページ | 旧正月と北朝鮮 »

2007/02/17

現代自動車のソナタに乗りました。

先日地方に行く機会があり、そこで現代自動車の代表車といえる「NFソナタ」を運転しました。レンタカーです。N20という2000CCのタイプですので、韓国では一般的な車種かなと思い選択しました。以下、感想をば。もちろん個体差はあるんでしょうがそんなのは分からないですし、ジャーナリストでも当然ないので、何言ってるんだ?と思われる点もあると思いますが、あくまで一つの感想と言うことでご容赦を。

・内装
シートは布でしたが、普通の座り心地。可もなく不可もなく。ダッシュボードやギアですが、デザインを現代的に、クールな感じにまとめようという努力は認めますが、使っている材料の質感が安っぽいので、ちょっと飽きが来ます。ホンダとかの「マシン」という感じの機能的な美しさには遠く及びません。
サムソンの古い車(セフィーロの韓国版)とかを見ると、素材自体が劣化してしまって、どうしようもなくチャチに見えるのですが、この車も将来はそうかな、ということを感じさせました。

ただ設備はいっちょ前です。収納空間は思ったほど色々なところにあるし、MP3再生機能、携帯電話のハンズフリー機能も付いてました。やっぱり韓国製だけに仕様だけはとりあえず揃えてくるなぁという印象です。ただしトランクはそれほど大きいとは感じませんでした。しっかり確認はしていないのですが後部座席は倒れたりしないみたいです。

・ハンドル
握りの部分が細くて半径が少し小さいように感じました。私の手の大きさは大きくない方だと思うのですが、それでも握るとちょっと指が余ってしまう感じなのです。素材はいかにもプラスティック~、という感じで安っぽい。レンタカーだからかな?
でも何よりも感じることは、非常に軽いと言うこと。良くも悪くもです。取り回しが楽だという意味ではクルクル回るハンドルなので確かにそうなのですが、「遊び」がほとんどない感じなので、すぐに回転を始めてしまうのです。これに慣れるのが結構大変でした。クルマ自体の見た目のごつさと、このくるくる回るハンドルはかなりのイメージのギャップです。

こんなハンドルですので、車体が大きい割には運転は楽だと思いました。とにかくハンドルのレスポンスが良すぎるので、行きたいと思った方向にヒョイと行けてしまうのです。

大きさですが、一応現代が「ライバル車種」だと言っている車種と並べてみましょう。単位はmmです。

ソナタ:車体長:4800 車体幅:1830 車体高:1475
カムリ:車体長:4815 車体幅:1820 車体高:1470と1480
アコード:車体長:4665 車体幅:1760 車体高:1450と1470
ティアナ:車体長:4800 車体幅:1765 車体高:1495

幅が広いのが結構目立ちますね。いかにも韓国人が好きな大きさの方向性です。それでもまだまだ狭い駐車場は結構多いんですよ!

・アクセル
1速は異様にレスポンスが良いです。ほんのちょっと踏み込んだだけで、すぐに3千回転まで上がって40km/hまで行っちゃうんです。しかもこれまた「遊び」無し。これは結構怖かったです。追突するかと思った。でもそこからの加速が全然ダメ。逆にかなり踏み込んでも50km/hから80kmまでがエラい時間かかるし、エンジンも回りまくるのです。燃費良くクルージングなんて、ちょっと無理かもなんて思った次第。

つまらないなぁと実感するのは、右折・左折をするときに、アクセルを踏みながらその勢いでハンドルを回していく、その過程でクルマのパワーを感じる、みたいな一連の行動があると思うのですが、そういうのが無いのですよ、このクルマは。ひたすら「軽く」走るのです。でも「軽快」という言葉とは何かが違うのです。「軽薄」、と言うことかな?

・ブレーキ
利きは悪いのではないでしょうか?変な「遊び」があって怖かったです。なんというか、非常に堅いゴムのボールを踏む感じで、軽く踏んでも少しずつ利き始めたなと言うことを感じることが出来ないのです。スピードが全然落ち始めない。それで、そういう踏み方ではいけないと思って多少強く踏むと今度は急ブレーキになってしまい、自分が思うところよりもかなり手前で急減速してしまのです。そこで、停車位置を微調整するためにもう一度アクセル→急発進ということの繰り返し。

なんというか、急ブレーキ・急発進を奨励しているようなクルマのセッティング。こういうクルマじゃないと韓国ではドライバーがイライラしてしまうので、売れないのでしょうかね?地球が温暖化するとすればそれは現代車のせいです!(笑)

・サスペンション
気に入らないです。60~80km前後で運転すると、左右に微妙に揺れながら走行してしまうのです。最初は風に弱いのかと思ったのですが、そんなに強い風は吹いていなかったので驚きました。まさに揺りかご状態で、真剣に眠くなりました。

でも、80kmくらいのスピードで、一般道で左折、右折を繰り返した、要するに田舎であるのを良いことに遊んでみたのですが、車体は結構安定していました。高速での車線変更もそんなに車体がぶれるということは感じませんでした。それだけに直進走行でのあの微妙な揺れの連続はなんだったのだろうかと不思議に思います。

・エンジン音
まぁ静かな方かなとは思います。でも常にコロコロという高めの軽い音が鳴っています。エンジンの回転数に併せて音の高さが変わるのです。気になるときは気になります。これって韓国の整備のされてないタクシー特有の音だとばかり思っていたのですが、現代自動車の特有の音だったのかと初めて知りました。それにしても何の音なんだろう。。。こういう音一つとっても軽薄、と言う言葉が浮かんできてしまうのです。

・まとめ
日本でも韓国でも、このクルマってトータルで250万円以上するらしいのですが、正直言ってそこまでの価値は感じませんでした。そのくらいの値段を出すならもう少し落ち着いたクルマに乗りたいです。ちょっと踏むとビュンと行ってしまう、思い通りの位置に思い通りの減速過程で止まってくれない、スポーツカー仕様のような(?)デカいセダンなんて買う気にはなれません。見た目と違って運転はしやすいですが、要するにゲタ代わりみたいな気軽さしか感じられないのです。ゲタなら軽自動車で十分です。

もちろん他にも良い面、というか水準は満たしているな、と思わせる部分はありますが、それでも日本でこのクルマ乗るか?と言われれば絶対にNoです。他に選択肢は幾らでもあります。そういった意味で日本の消費者は正しいのでしょう。
うーん、このどうしようもないクルマとしての「軽薄さ」をどう説明して良いのか分からないのですが、とにかくヴァリュー・フォー・マネーではないのです。

よく、現代自動車のことを、走ることの楽しさを知らない人たちが作る単なる部品を組み合わせただけのクルマだ、なんてことを言われますが、今回それを実感してしまったのかな、と言う感じです。その意味では良い経験でした。

|

« ☆二つの世界遺産 | トップページ | 旧正月と北朝鮮 »

コメント

ソングさんこんにちわ
管理人ではないですがちょこっと目に付いたので・・・

韓国けなしと言われても、韓国は嫌われるのも仕方ない状況にありますので、そうです日本は嫌韓に向かってますね^^

さて私も韓国は嫌いなので中立の立場は厳しいかと思いますが極力中立に立って言わせてもらうと質感(品質ではなく)はともかくデザインは素晴らしい車は数車種ありますね。最近の日本車が駄目なところです。
またカーオフザイヤーを受賞したこと(よく金の力とか言われますがそれを知るのは審査員のみなので素直に受け取ると)から品質もそこそこに上がっているように思います。とはいえ某SUVのように雨漏りが起こったりとまだまだマチマチな所があるように思います。またお得意のマーケティングが活かされていてほどよい製品を作ることによって受賞しているのかなとも思います。ぐだぐだ言いましたが韓国車は数十年前の欠陥中国車レベルから日本車の下位互換にはなるようですね。また一部車種は日本車を凌いでいるかもしれません。是非一度お乗りになって報告を期待しています。

とは言え日本では現代が撤退してしまい日本では購入できないはずですが・・・

日本の方ではないのでしょうか?とはいえ中立な評価を期待しています^^

投稿: | 2015/03/21 02:08

ここの管理人さんは現在どうしているのでしょうか?投稿も古いもので中断しているようですが、、。2007年頃のコメントで大人気の韓国けなしがここでも渦を巻いているようです。やはり日本ですね。

今年は2015年ですが、これまでの現代自動車の活躍はまあまあだと思いますが、どうでしょか?北米カーオブザイヤーにも何度もトヨタ、ホンダなどの日本車をしのいで獲得していますしね、。

そんなことで今回は私も乗っていたトヨタ車を現代のソナタに変えようと思っています。このサイトでけなしているほどの差が果たして存在するかどうかが分かります。価格など、、総合的に考えれば無いと思っていますけどね。

投稿: ソング | 2015/02/25 00:58

boggさん、たびたびどうも。

ホンダと間違えた説、吹きました!
その読みは出来なかったなぁ~。

投稿: 管理人 | 2007/02/22 02:38

>管理人さん
>クライスラー買収、なんて話ありましたよね。

ありましたねwでも即行で否定していましたね。↓

>英サンデー・タイムズ紙の報道に対して同社の広報担当は「我々はクライスラーの買収は考えていない。手いっぱいである」と述べた。

「手いっぱいである」ってwこういう時ばかりは弱音を吐くんだからなぁ。

>欧米では過大評価されているんでしょうかね。

いや、ホンダと間違えたのかもw

投稿: bogg | 2007/02/21 19:30

バタバタしてまして相変わらず遅い返信ですがお許しを。。。

九州の日さん、こんにちは。

ソナタは、怖いって感じではなかったのですが、慣れるのは結構大変でした。こっちの人はとにかく加速よりも初速がポイントなのかなと思って自分で勝手に納得してました。信号待ちとかでカーレースと勘違いしているのが多いですから。。

ジャズタクシーのサイトは見たことがありました。
なんか、淡々と自虐的で、涙を誘いますよね。韓国製品にありがちな「絶対に想定できない故障」ってのを連発しているみたいで。

なんさん、お褒めの言葉、ありがとうございます。

伊達様、こんにちは。

そうですか。ヒュンダイクーペ。。。
こっちでは配線ミスでギアがDからバックに直接入らないそのクーペを納品された人がいましたが、その人は大丈夫だったんでしょうか?

ひらさん、こんにちは。

今更ながら内装も写真を撮っておけば良かったと反省しております。なんと言うんでしょうか、ヨーロッパっぽくデザインはしているんですが、素材の感じが薄っぺらいんですよ。

説明が難しいんですが、、、3年持たないデザインと言うんでしょうかねぇ。。。

nana2さん、こんにちは。

私も今は韓国製品愛用者なんですが(笑)。
なんというか、決定的に悪くないのですが、積極的に買おうとは思わない、そんな位置づけなんでしょうね。でも昔は絶対買ってはいけない製品だったのですから、それなりの品質向上はあったと言うことでしょう。

そこそこ悪い点を述べると、、冷蔵庫は少々コンプレッサーの音がするのと、容量の割に形が大きいこと。掃除機はフィルターの掃除がしにくいのと狭いところの掃除がしにくい形状であること、携帯電話はボタンをしっかり押さないとうまく入力されないこと、形状が小さすぎて使いづらいこと等々。
ね、どれもこれも決定的な×ではないのですよ。

ソナタの販売戦略は、沖縄でしたか、一部でうまくいっているとおり、レンタカーやタクシー会社への供給で着実に浸透させていくというのが結局早道だと思いますが、韓国語には急がば回れということわざは無いのか、あっても機能していないのか、謎なところです。


ヨンドンポさん、こんにちは。

私も出たばかりの時は外装には「おっ」と思いました。最近はそのソナタのデザインの派生系の車種が増えてきたので、一目でこのクルマは現代、とわかるようになってきています。いわゆるデザイン戦略って奴です。

でもこのクルマも街に溢れると余りに多すぎて陳腐になっちゃうんですよ。やっぱり。昔の東欧諸国のトラバントのようです。
それにしても日本版でも内装は大したこと無かったのですか。じゃああの価格は何だって感じですね!

私の乗車歴は、、、秘密で~す。
(書かないとレポートの信憑性が落ちるのはわかっていますが、勘弁して下さい。)

K8さん、こんにちは。

私はこのヨーコの話ってのは余り惹かれないのですよね。
一つのニュースを見て、どうやってブログで斬るか、しか考えられない頭になっているので(涙)、こういう結論の見えている話は他の人にお任せしたいという感じなんです。すみません。。。

私の関心はどちらかというと、元売春婦達の米国漫遊旅行の方です。

boggさん、こんにちは。

現代自動車って、自動車以外の話題が多くて本当に面白い会社ですよね。
最近も変化球ですがクライスラー買収、なんて話ありましたよね。
財務的にあり得ないだろうと思っているのですが、欧米では過大評価されているんでしょうかね。

投稿: 管理人 | 2007/02/21 18:20

ゴメンナサイ。訂正です。

F-15Kは昨年までに18機導入されていたようですね。謹んで謝罪いたします。いつものように賠償はご勘弁を!

投稿: 九州の日 | 2007/02/20 14:11

FTA文書、2部流出だそうですね。「置き忘れ」「ノムタンのリーク」の二つとも500Wゲットかな?

F-15K、地上で墜落!自衛隊の撃墜事件も世界に1例のみだそうですが、「地上での撃墜」はさらにその(斜め)上行くお話で、鬼子母神。噂では4機購入中3機喪失とか。「北朝鮮相手ならやっぱりF86でしょう」という韓国空軍独特の意思表示かな?

投稿: 九州の日 | 2007/02/20 11:59

管理人さま、ちゃんと読んでなくて、すいません。
九州の日さん、ご指摘ありがとうございました^^

投稿: nana2 | 2007/02/19 18:27

nana2 様

本文下から2段目、中程にリンクを貼ってありますよ!!

アドレス先に行って見たら、あら、同じ記事!

投稿: 九州の日 | 2007/02/19 11:02

ご存知と思いますが↓な記事がありました。
ソナタが売れないのはマーケティングの失敗と思っているが、らしくて痛い。
機能的にも劣る劣化コピー品を買う必要もなければ、
日本人の機能重視の志向とも合わないと思うんですよね。
売れるものを作ってないし、作る気もないという印象。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/27/20061127000035.html

投稿: nana2 | 2007/02/19 10:54

先日韓国の車事情のエントリーがありましたが、それと合わせて読むと暑い夏の日には一気に涼しくなりそうですね(^_^;)

この写真を見たときはびっくりしました。まぁ現行のソナタは大丈夫なようですが。
http://no-more-korea.iza.ne.jp/blog/entry/44963/

ソナタって、なぜか日本でグッドデザイン賞を取っているんですよね・・・。やはり掲示板はすごいことになっています。
http://www.g-mark.org/search/Detail?sheet=monitor&id=31417

最近話題になったのはニュージーランドで作られたCMですね。これには流石に怒りを覚えました。
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/e22f1f7a2289d148ab51132cd17045dd

しかし現代自動車については話題に事欠かないですねw

投稿: bogg | 2007/02/19 08:47

竹の森物語の件で、急展開です。記者会見に現れた731部隊の研究者が韓国新聞が彼の発言として報じている部分を嘘と言ってます。

中央新報は記事を差し替え、朝鮮日報も記者会見を報じてたと思ったけど検索したら該当記事が消えてました。
今正月休と思いますが、韓国の動きを教えてください。

http://www.occidentalism.org/?p=499#comments

投稿: K8 | 2007/02/18 21:51

ヨンドンポです。

ソナタは外観デザイン的には今の韓国車の中では
一番好きですね。
私も一度、東京の銀座線の駅近くの某所(ショールーム)で
展示車に乗ってみたことがあります。
感想ですが、外観とは裏腹に内装にはがっかりしました。
なんかこう、物足りないというか
安っぽいんですよねえ......。
だから欲しいとまでは思わないです。
タクシーで来れば乗りたいかなと。
(でも日本にはソナタのタクシーないし。
韓国にはあるけど、もう行くこともないか!)

ところで、管理人さまはいままでどのような車種を
乗り継いで来られたのでしょうか?
興味津々です。

投稿: | 2007/02/18 20:56

なるほどなるほど!やっぱり韓国車は機能<見てくれですね。
日本にいると韓国車の悪評も噂の域を出ないので管理人さんの今回の感想が貴重です。韓国在住の管理人さんだからの体験ですね。危険をおしてのレポートw、毎回ありがとうございます。
立場上、日本でも車に限らず、携帯、電気製品を自国のものを使う韓国人駐在員がまわりには多いです。大変そうですw。
私も個人タクシーの方のブログ読みました。故障も多く日本ではメンテが大変のようでしたね。

投稿: nana2 | 2007/02/18 07:08

どうもまいどです。

日本人というのは物の質感とかフィーリングを大切にしてますから
そういう感覚を前提にした時
韓国製品というのは凡庸でチープな感じがどうしても否めないですよね。
以前サムスンの液晶TVの所で自分は「韓国のメーカーの製品には思い入れを感じない」
とコメントした覚えがあるのですが
実は韓国の消費者の要求がそれほど高くないということなのですかね。
もしくは我慢してそれを買っているか。

まあヒョンデには、凡庸でチープな製品を薄利多売で頑張って頂きたいと言っておきます。。。

投稿: ひら | 2007/02/17 19:55

 実は、近所にヒュンダイクーペを所有している家がありまして・・・。
 一戸建て庭付き犬付きの中流の上みたいな感じの家です。苗字はアチラ系ではありません。
 ヒュンダイ車を見るのは初めてというかこの家に停めてあるものしか見たことありません。この家の前を通るとき、なぜかこみ上げてくる感情を押し殺すのに苦労します。

投稿: 伊達邦彦 | 2007/02/17 18:04

いやいや、なかなかどうしてジャーナリスト顔負けのレポでしたよ。

車まで斜め上なのですね・・・w

投稿: なん | 2007/02/17 11:02

ウェーハッハッ。遊びの無いハンドルは南米某国で経験しましたが遊びの無いアクセルとは初めてお聞きしました。

ジャズ・タクシーという東京の個人タクシーが現代車を購入し泣きが入っていました。彼は、日本車に比べ「鉄板が厚い分音が良い」だろうと思い、奥さんの反対を押し切ったようですが・・・・。ま、常識的に考えれば二文字言葉。

ある意味築地系の新聞で「耐えられない軽さの日本小説(そんな感じの見出し)」という記事を読みましたが、管理人様にとっては非物理的な意味で「耐えられない軽さのソナタ」ですか?

投稿: 九州の日 | 2007/02/17 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76877/13937572

この記事へのトラックバック一覧です: 現代自動車のソナタに乗りました。:

» 2月17日(土曜日)の自動車 燃費の話題 [自動車燃費向上対策のヒント]
2月17日(土曜日)の自動車 燃費の話題(06時30分更新) 自動車のソナタに... [続きを読む]

受信: 2007/02/17 11:41

« ☆二つの世界遺産 | トップページ | 旧正月と北朝鮮 »