« 農村の写真 | トップページ | 確かに良く外れる »

2007/01/31

写真へのコメントありがとうございました。

前回の投稿にコメントを寄せて下さったみなさま。

思いの外たくさんのレスをいただき、ありがたく思っております。1000の文字よりも1枚の写真かぁ、なんていう思いもありますが、これからもめげずに(笑)文章を基本に勝負したいと思います(写真撮るのが億劫なだけという噂も。。。)。

やっぱり人によって持たれる感想が違うのが面白いですね。逆に色々なお話を聞かせて頂き、ありがとうございました。また、期待はずれだった方、ごめんなさい。ま、でも総じてこんなもんです。

確かに最近は雨というものが降っていないので、というかそもそもこの半島は降雨量が日本よりも少ないので、年がら年中埃っぽいのは当たっていると思います。

写真は基本的に人が住んでいそうな建物を拾っています。全て自動車からの風景です。犬(多分食用ではない。)を外で飼ってる崩れそうな家があったのですが、残念ながらサッと通過してしまい撮り逃してしまいました。

ご指摘のあった建物の歴史性との無関係さは確かにそうですね。そうか、歴史を感じることができないんですね。だから惨めさだけが印象として残るだけで情緒みたいなものが感じられないのかも知れません。それは発展途上国にありがちな問題なんでしょうかね?

建物としての基本的な構造がやばそうなのは、割とどの田舎にも共通しているような気がします。家の基本は平屋建てですね。バード女史の「朝鮮紀行」には「礼節上の問題で二階建てがない」などと書いてありましたが、そもそも半島に杉や檜などのまっすぐな木が無くて松ばかりだから物理的に平屋しか無理だったという話もあるようです。ちなみにこの本には、19世紀末の地方の有力者(貴族)の家の様子が書かれていますが、やはり「今にも崩れそうな屋敷」に住んでいる、みたいな記述はありました。崩れそうな、が韓国の伝統家屋のキーワードなのかな?

床面積は全体に小さい感じがします。その割にモノが多すぎて窓を内側から塞いでしまっている例を多く見ました。

4枚目の写真は、こういうのもあるという趣旨です。新しくて、比較的お金がありそうな家のサンプルです。でもなかなかこれ以上のグレードの家を見つけるのは難しいのですよ。

またもうちょっと本格的な田舎に行ったときに写真を撮ってご紹介してみようと思います。ちなみに今回の写真はソウルからクルマで20分くらい離れた地域の農家です。東京からの距離感で言うと、川崎、川口、市川、調布くらいの位置関係でしょうかね。ソウル市と23区の面積はほぼ同じですから。そういう前提で見ると都会とのギャップが凄いというのもお感じになれるかも知れません。

全体のまとめとしては、最低の生活をしているわけではないが、だからといって将来への希望があるわけでもない、という雰囲気の風景ということでしょうか。

|

« 農村の写真 | トップページ | 確かに良く外れる »

コメント

チマさん、で良いのでしょうか?よろしくお願いします。

今後も自然体で色々書いていこうと思います。

J.J.さん、改めまして初めまして。

ネットの攻撃ってストレスですよね。
韓国からの攻撃なんですか?理屈で返す能力がないから暴力で返す、ということですよね。実社会でもありがちだ。。。

例の映画は韓流マンセー系サイトでは人気なんでしょうかね?
ある意味管理者のものの考え方を見る上での試金石というか、良いネタなんじゃないかと思っているところです。何事も前向きに(笑)。

はっちー&ハリーさん、こんにちは。

いや実際のところ地震は私自身もノーケアなんですよ。まずいなぁ。産経の黒田支局長の記事にも取り上げられていまいた。この人達、そういえば戦争の際の非常備蓄品とか家庭に準備していないみたいですね。
http://www.sankei.co.jp/kokusai/korea/070127/kra070127001.htm
これって集団人災発生の予兆と言うことでしょうか?

伊達様、こんにちは。

あー、そうですね。仰るとおりです。韓国よりも経済力のない国でも住宅の文化はそれなりには残るものですよね。特に欧米化との縁が薄い田舎では。韓国の田舎はTBSの「ウルルン」とかで取り上げても絵にならなさそうですね。

投稿: 管理人 | 2007/02/01 12:14

 ヨーロッパの住居はもちろんのことアメリカの家も映画やドキュメンタリー番組で見る分には、文化を感じます。
 モンゴル人のパオや東南アジアの水上家屋やアフリカのマサイ族の家も文化を感じるんですけど、どうも韓国の写真の家には文化を感じませんね。

 学生時代に民俗学実習で、私の地元郊外の農家を訪れたことがあります。囲炉裏・仏間・黒光りしている梁・大黒柱等等、明治時代に建てられたその家は、本当に凄かったです。

投稿: 伊達邦彦 | 2007/02/01 06:54

南北の違いはあるでしょうが北の建国当時掲げたスローガンは・・・

「瓦のある家に住まい3食米を食べよう!」だったかな・・・南北の都市では鉄筋コンクリートの建物が多く存在するが田舎に目を向けると管理人さんの写真の如し・・・

韓国に阪神大震災級の地震が発生したら?何も無くても崩れたデパートや橋梁等・・・天災より人災で壊滅状態になる事必至・・・

でも大丈夫です韓国は奇跡の復興&発展をするでしょう!日本の援助は必要としないのでしょう・・・大戦後の経験を生かせば良いだけだね!

併合前の写真が再現される??それはそれで見てみたい・・・。

投稿: はっちー&ハリー | 2007/02/01 01:20

本日5時くらいから1時間30分くらい、韓国中心の有名ブログがネット攻撃を受けたみたいで接続不能でした。韓国人の夫と韓国に住んでる日本人のブログがランキングから消えてました。たしか15~18位だったと思います。政治がらみでなく、ソウルでの生活中心のようでしたけど。

何か起きてるのですかね?日本では日韓合同映画が日本人差別と酷評です。天皇皇后両陛下も試写会にご出席したのに内容が酷すぎます。その上3000万助成金日本から出すのだそうです。本当に腹が立ちます。日本の輸入黒字のお返しのつもりなんですかね?日本はどうなるのやら心配です。

投稿: J.J. | 2007/01/31 21:27

韓国に興味を持ってたどりつきました。はっきりいってマジっすか?日本がどんなに恵まれているか分かりました。これからも本当の韓国をお願いします。

投稿: チマでーす。 | 2007/01/31 19:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76877/13730086

この記事へのトラックバック一覧です: 写真へのコメントありがとうございました。:

« 農村の写真 | トップページ | 確かに良く外れる »