« 物価高への不満 | トップページ | 写真へのコメントありがとうございました。 »

2007/01/30

農村の写真

先日の「明るくない農村」という投稿の中で、韓国の農家はみすぼらしいみたいなことを書きましたが、実際イメージできないことには意味無いかなと思い、ソウルのちょっと郊外をドライブして写真を撮ってきました。いずれも幹線道路沿いの家々です。

まぁ、私のイメージとしてはこんな感じ、というのを見て頂ければと思います。地域的にはソウルの郊外ですから、近郊農業で成功した農家もあるようで、こういう家ばかりではなく、それなりにしっかり作られた家も多かったです。4枚目はそういういう家かな?と思って撮りました。ただ、撮り忘れましたが位置的に彼らが持っている感じのビニールハウスは埃まみれで穴も目立ちました。

何度も言いますが、この家や商店から所得水準や生活水準を推し量ることは可能ですが、決定的な材料にはならないだろうとも思っていることを、念押しではないですが、一応申し上げておきます。また、写真はどうしてもこのように整列できないので非常に見苦しいのですが、個人的な技術的限界と言うことでお許しを。

Photo_31
Photo_32
Photo_33
Photo_34

|

« 物価高への不満 | トップページ | 写真へのコメントありがとうございました。 »

コメント

緑がないですね。

投稿: J.J. | 2007/01/31 18:41

すいません。コメントの引用間違えてばっか。
それで、管理人様に教えたURLが、その前に私が読んだもので
管理人様と関係ないもので、むだに探させて迷惑かけました。
今回のも、前のコメントで3番目の写真と書いたのは4番目の間違
いです。

見てすぐ(引用を確かめないで)思い込んで書いてしまうみたいで、
「これでない」と思って訂正しても、最初のを読んだ人は勘違い
しますよね。私はそういうミスが多くて、一晩、おいて確かめてから
書いても、こういうミスになって、自分の頭を疑う。
ほんとにすみません。

投稿: きみ | 2007/01/31 14:51

本日の朝鮮日報。
「胡瓜についた残留農薬は塩をつけて洗うと落ちる。」

胡瓜に残留農薬!
塩をつけて洗うと落ちる!!

前には、「俎板の消毒には火であぶる。」!!!

チョット見は科学的、実際はシャーマニズム。

「虫下しを飲む代わりに農薬が残った京畿道産胡瓜を召し上がれ!!!!」(ってか?)

投稿: 九州の日 | 2007/01/31 14:26

私は子供の頃北海道に住んでました。現住は川崎市です。

私の住んでた地域の農家は酪農が主なのでサイロがあったり、
広大な敷地の放牧場に赤や青のトタン屋根の大きな牛舎。
サイロとは別に干草をためてる大きな納屋のある家も多かった。
子供の頃の私は(小学校3年から6年まで)納屋の屋根裏から
干草の上にダイブするのが面白くて、ズボっと身長分くらい沈
むけど、そのまま干草の中をもぐって遊ぶ。
干草に埋もれてる農機具があったり(以前に大怪我した子供がい
たとか)、まとめていた干草が散らばるので見つかったら怒られ
るのですが、面白くて楽しくて、なんで家は農家じゃないのだろ
うかと農家の子供が羨ましい。たいていの家に犬がいたし、猫は
必ずいたような気が(ネズミ対策みたい)納屋の干草の中に猫の
赤ちゃんを見つけた時は欲しくて、欲しくて、、親にあっさり拒
否られて泣きました。

転勤族だった親と一時期住んでただけの所ですが、今でも一番の
楽しい思い出の場所でした。今は楽しいことばかりじゃないって
わかります。子供でも乳絞りを日課としてやってたり、冬になる
前に干草を用意するのも家族全員、日雇いも雇っての労働。
北海道は日本一般の農家とは環境も規模も違うでしょうけど、
川崎市の田舎あたりの農家も(都市近郊もまた一般的でないかな)
夫の実家が石川県の加賀で、本家は普通にある農家ですが、その
辺りの農家の家もみんな大きかった。(仏壇大きくてびっくり)
それから、私の知ってる農家は地域で花の種類は違うけど玄関前の
庭先に必ず花壇がありました。韓国の一般民家(マンション含む)
写真を見て、いつも気になってたのですが、花もなく植栽が貧弱。

正直、韓国の農家の写真は農機具小屋みたい。日本で言えば、
戦後に作られた労働者の社宅か公営賃貸住宅みたいな。
3番目の写真はマシですね。でも、最近のものみたい。
裕福な農家は(庄屋みたいな、地方に根ざした豪族)本当に無かっ
たのでしょうか?

投稿: きみ | 2007/01/31 12:46

はじめまして。
1枚目から3枚目の写真の、家が歪んでいるというか、
曲がっている(壁や屋根が真っ直ぐになっていない)感じが、
非常に韓国的だと思いました。

投稿: わか | 2007/01/31 12:34

どうも、まいどです。

「哀」を感じますよね…
こういうのも「ワーキングプアー」なんでしょう。

投稿: ひら | 2007/01/31 11:29

お疲れさまです。
殺風景なドライビング、心痛みます。

60才代の山陰出身の、おかんに写真見せたら、
昭和20、30年代の、山陰の農家よりも貧ぼらしいと言っておりました。
管理人さんと、私のおかんは同意見のようです。

訪韓する度に、感ずるのですが街を含めて風景にあまり色彩が感じられ
ないのは私だけでしょうか ... え、唐辛子色がある(失礼)

投稿: 東京@眠らない街 | 2007/01/31 09:06

んー文章ではもっとダメな感じだと思っていたんですが、
写真で見ると意外と普通ですね。

土が違うのか何となく埃っぽい感じではありますが、
時々良い家が建っていれば日本の田舎にも似たような
場所があるような気がしますね。

総じてこんな感じならば確かにダメかもしんないですね。

投稿: ほげほげ | 2007/01/30 22:41

平屋が多いですね。積雪が少ないせいなのでしょうか?それにしても建築面積が狭い気がするのですが。

投稿: nobody | 2007/01/30 21:25

う~ん、それほどみすぼらしくは見えないけれど・・(3枚だけではなんとも判断できないです)。

写真の腕が良過ぎますよ(笑)。

投稿: あら座 | 2007/01/30 17:33

写真ありがとうございます。
うわっ!ここまでひどいとは、北とあまり変わらない。。。
納屋かと思いましたw。

投稿: nana2 | 2007/01/30 13:13

 この4枚の写真から受ける印象は、歴史と伝統と文化がまったく感じられないということですね。これでウリナラの歴史は5000年ですか。・・・
 あと、壊さずに倉庫代わりとして使われている昔の住居みたいな感じもします。

投稿: 伊達邦彦 | 2007/01/30 07:24

はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。
サブタイトルいいですねー。
ところで今日の画像は物置ですよね・・・
Σ(`∀´.:;)ち、違うニカ?

投稿: なん | 2007/01/30 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76877/13706983

この記事へのトラックバック一覧です: 農村の写真:

« 物価高への不満 | トップページ | 写真へのコメントありがとうございました。 »