« 明るくない農村 | トップページ | 確かに良く喋る。 »

2007/01/22

今さらながらの韓国(人、社会)の限界。

韓国人は特に見たい現実しか見ない、自分にとって気持ちがい歴史しか学ばない、こんなことは最近は日本人の常識にもなりつつあるんじゃないかと、勝手に思っているところでありまして、天の邪鬼な私としては余りベタなネタは狙わないようにもしたいと思っているところでありましたが、アメリカ発と韓国発のネタが同時に出てきたということでとりあえず記録に残しておきたいと思います。

一つは歴史史料。

朝鮮王朝を破滅に追い込んだ最後の二人の王の記録を政府がインターネットに載せたとかで朝鮮日報が「困惑」しているそうです。こんなの日本のネットにはいくらでも落ちている史料ですが、嘘を教えられてきた韓国人には刺激が強かったのでしょうね。専門家でも何でもない人々に専門家向けと同じレベルの資料が提供されてしまうという点にネットの偉大さを感じます。

今後、日本書紀しか頼るべき史料がないという朝鮮半島の古代史と同じような状況、すなわち史料の曲解という作業が進行していくんでしょうけど、見るも無惨な韓国歴史学の彷徨を今後我々は目の当たりに出来るようです。ある意味楽しみですね。結局韓国の歴史は日本人が一番詳しくて正確という何とも皮肉な状況が今後も続くことでしょう。韓国人の思考回路の局地性であり限界ですね。

もう一つは例のアメリカの教材の件。

ついに登校拒否までやっちゃって、ここでも理屈ではなく力業で問題解決を図ろうとする単細胞ぶりを発揮です。見たくないものは見なくて良い、というのは韓国の家庭教育の基本方針なのかも知れません。それが火病にかからない観国社会における長寿の秘訣なのかな?

ところで記事によればこの子供、韓国できちんと歴史学習をしてきたということですが、その学習方法に根本的な誤りがあることを、広い世界といえども日本人以外誰も教えてくれないということをまだ知らないようです。あぁ、そう考えると日本人ってなんて親切な人達なんでしょう。

でも、何度も書きますが、今後はこうやって海外で奇形児的に純粋培養された「ウリナラバカ」には警戒が必要です。今後本国が崩壊したとしても海外から、しかもその国の国籍とか市民権を持った人間として反日を発信し続け、それをエネルギーに同胞意識を高めるという非常にネガティブな存在ですからね。正にこうしたところに韓国社会の品格的な限界が見えるのですが、本人達は決してそうは思わないところに限界の限界たる所以があるのです。

|

« 明るくない農村 | トップページ | 確かに良く喋る。 »

コメント

 九州の日様、うーん、そうですね。あえて言わせていただけるなら、彼らの言動は、”斜め上”でしょうか?(笑)。今回のエンコリのスレは30度斜め上くらいかもしれません。
 

投稿: 伊達邦彦 | 2007/01/23 06:07

九州の日さん、こんにちは。

蝋人形。。。そうですね。でも拷問してる側の実物は同胞だと言うことは教えてくれなかったんでしょうね(笑)。韓国ドラマ並みに安物の筋書きですがね。

あー、それにしても裁判官ボーガン射殺未遂事件も何か一言投稿しようかとは思ったんですよね。スパイス効きすぎです。でも加害者の教授氏の人となりが全く分からず、いじれないので断念したのですよ。

ところで、「釣り」に関する横スレです。私はネット掲示板在住の韓国人のことは実はよく知らないのですが、韓国人に「釣る」というセンスはあるんでしょうか?釣るって、結構心理的にも知識的にも余裕がないとできないと思うのですが、いつでもどこでも「素」の韓国人にそんな難しい芸当はできるもんなんでしょうか?

いや、私はそういう話は当然本気で、「日本人の鼻を明かすニダ」という感じで殴り込んでくるものだと思うのですがね。

ひらさん、こんにちは。

そうそう、そうなんですが、無視しちゃうと私のブログの存在価値もなくなっちゃうんですよ(苦笑)。

nana2さん、こんにちは。

手厳しいですねぇ。(笑)
我々男のふがいなさが世にもみっともない日本のおばさんを生み出しているという面もあると思いますので、心せねばと思った次第です。

それにしても最近は空港で見るツアー客の数が明らかに減りました。この前金浦の到着ゲートで全日空で来るお客さんを待っていたのですが、旅行会社の添乗員が誰も待っていなかったんですよ。一昨年はゲートに溢れていたのに。ようやく世の中も正常な方向に向かいつつあるのかなと。

伊達様、こんにちは。

いやぁ、何というか、こういうのを見て「味がある」と感じられるオトナだけが親韓派・擁韓派になれるのかな、と最近思い始めてます。ま、私は一生子供のままで良いのですがね。(笑)

投稿: 管理人 | 2007/01/22 22:08

伊達 様
 あれは釣りでしょう。いくらなんでもそこまで馬鹿じゃないでしょう?もし、本気だったら・・・・

投稿: 九州の日 | 2007/01/22 20:29

 毎度毎度思うのは、韓国人てどうしてこんなにウマシカなんだろう、ということです。
 エンジョイコリアに「1900年当時の韓国は貧しくなかった」、という韓国人のスレが立っていて、1900年当時の世界各国のGDP一覧があげてありましたが、その中にはパキスタンとかバングラデシュとか、どう考えても存在していない国が・・・。
 もう少し考えて捏造すればいいのに、と思う反面こんな連中に何十年も騙されてきた私自身にも自嘲の念が・・・。

投稿: 伊達邦彦 | 2007/01/22 17:57

日本も団塊の世代という癌がいますよね。
ヨンさまファンとやらのオバサンのほとんどがあの世代では?
能天気な無知な親に育てられた子供は、、、日本もうかうかしていられませんね。

投稿: nana2 | 2007/01/22 17:05

こんにちは、どうもです。

改めてどうこう言うこともないですね。
民族としての彼ら自身の思想なり行動そのものが
一人間としての成長を妨げている訳ですが…

投稿: ひら | 2007/01/22 09:57

ウェーハッハッと笑う気力も無くすお話ですね。お嬢さんは韓国に訪れてあの蝋人形で「正しい歴史」を学んだのでしょう。
歴史学者はたかだか100年前の資料をまえにすばらしい読解力を見せる。これを「行間を読む」というのでしょうね。

amazonのかの本の読書レビュー、突然星ひとつの嵐。WCスイス戦を思い出させてくれる単細胞加減。オーストラリアの現地ブログでも笑いものにしていましたが・・・

半島でお暮らしのご苦労がわかる気が致します。「竹島の日」まであと一ヶ月。くれぐれもお気をつけ下さい。しかし、産経のK記者。松江で講演して大丈夫なのかな。ボウガンで暗殺されたりして。

投稿: 九州の日 | 2007/01/22 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76877/13611413

この記事へのトラックバック一覧です: 今さらながらの韓国(人、社会)の限界。:

« 明るくない農村 | トップページ | 確かに良く喋る。 »