« コ・ジョンス記事発見。 | トップページ | キム・ヨナの痛いCM »

2007/01/15

中村俊輔特集番組を見て余計なことを考えてみる。

20XX年。大阪鶴橋を本拠地とするJリーグクラブ、FC鶴橋(ほんとにあったらごめんなさい。)はチケット収入の一部を生活苦にあえぐ在日韓国・朝鮮人に寄付している地域密着型のクラブである。クラブのチームカラーは赤で、マスコットは朝鮮トラ。ホームスタジアムにはクラブのレプリカシャツばかりでなく韓国代表や北朝鮮代表のユニを着込んだサポーターが大挙押し寄せ、ホームゲームはいつも彼らの歌うアリランの力強くももの悲しい歌声が響き、熱狂に包まれる。。。

フジテレビで日曜深夜にやってた中村俊輔選手の特集番組を見ました。基本的には楽しく見ました。内容としては、チャンピオンズリーグの宣伝、特に中村所属のセルティックの次の対戦相手であるミランとの戦いを見据えた作りになっていましたが、一方でチームの歴史と現状にも触れられていました。

セルティックは、1888年創設のグラスゴーを本拠地とするクラブで、スコットランド・プレミアリーグの優勝常連クラブ。クラブの名前はケルト人、ケルトの、という意味だったと思います。番組によれば、クラブはそのチケット収入を貧しいアイルランド移民に寄付するために創設されたそうで、現在でもアイルランド移民の心のよりどころになっており、グラスゴーに生まれたアイルランド系住民(=カトリック)はすべからくセルティックサポーターとなり、プロテスタント系の同じくグラスゴーを本拠とするレンジャーズとは正に宿敵という関係になっています。

番組ではサポーターの雰囲気を伝えるため、彼らの様々な様子を写していましたが、中でも私が特徴的だと思ったのは、アイルランド代表のマフラーやユニを身につけたサポーターが結構いたことでした。何度も言いますが、セルティックがあるのはスコットランド。言うまでもないことですが、国としてはイギリスです。

セルティックのサポーターは、ホームゲームには常に5万人以上集まるらしいのですが、観客席にはチームカラーの緑だけでなく、アイルランド国旗の一部であるオレンジの色がぽつりぽつりと見える訳です。サッカー文化を見る目としては単純に凄いことだと思ってしまうのですが、その一方でこの韓国というかなり特殊な国に住んでいるという切り口からすると、番組の趣旨から離れてどうしても冒頭のような余計な想像をしてしまうのです。

以前ネットで、日韓関係はイギリスとアイルランドの関係に似ている、すなわちイギリスはアイルランドだけは腫れ物に触るような扱いをし、アイルランドはイギリスには常に言いたい放題だ、という話を見たことがあるのですが、こういう実態を見せつけられると、スコットランド人の度量の大きさ(?)を感じざるを得ません。日本じゃちょっと無理な話かなぁと思うのですがいかがでしょう?

昔の川崎を本拠にしていた時代のロッテオリオンズにはこういう傾向があったのかな、なんてふと思ったりもしました。

|

« コ・ジョンス記事発見。 | トップページ | キム・ヨナの痛いCM »

コメント

niftyの方でメンテがあった関係でコメントが遅れました。

nana2さん、こんにちは。

あ、そうそう。ホドリです。それそれ、イメージしたのは。

そういえば2002年の時は結構アイルランドの戦いぶりに感動してたんですよね。素で。ズルしないで頑張る人は素直に応援してたってことでしょうかね?

まんごさん、初めまして。

すみません、私結構浅薄な知識で文章書いたんで、現地の事情をご存じの方には極めて恥ずかしい内容になっていたようですね。同じケルト人だったんですね。

ご指摘の半島との気質の違いですが、やっぱり過去の成功体験の有無の差なんでしょうかね?スコットランドとかって、昔フランスと組んでイングランドと渡り合ったとかそういう歴史があるし、英雄もそれなりにいるでしょうから、わざわざ捏造しなくても誇れる先達がいるんでしょうね、ってこれも想像です。

アイリッシュも本土はそこそこでも(あ、でも金融とか調子良いんですよね?)アメリカで大成した移民がたくさんいるから、やっぱり半島よりは余裕がある=ネガティブにならないで済んでいるのかも知れません。

んー、やっぱり半島以外のことだと知ったかぶりだなぁ。。。

kurochanさん、こんにちは。

何かで見ましたが、日韓の喧嘩なんて、他から見ればじゃれ合ってるようにしか見えないとかいう意見がありました。確かにアフリカやらイラクやらバルカンでやってることに比べたら、「何を些細なことを」とか言われそうですね。でも些細なことを大事にするのは日本人の美徳ですから、と開き直ってみたりして(苦笑)。

ということで、最後の方で改行された趣旨は私としては十分理解しているつもりでおります!

ひらさん、こんにちは。

そうですね。ビルバオ。。。最近もバスク人のテロがあったばかりでしたね。
それにしても、Jのゲームでサポ席から大量のトイレットペーパーが降った絵を想像しちゃいました。私は東の人間なので普段は在日とか韓国・朝鮮と言ったものは全く意識しないで生活してきたのですが、そういうのを見ると日本人全体が色々な認識を持つようになるかも知れません。

在日の人の考えというのは、結構色々みたいですね。全く日本人の思考回路の人、そうじゃない人、色々いるという意味ですが。

私は、こっちに来てから民団の人、しかも幹部っぽい人が日本の文化芸能(日本舞踊)を思いっきり意味不明な根拠(踊りにスピード感が無いそうです。)でバカにしている会話を偶然聞いてしまったので、それ以来全く信用していないですが。

投稿: 管理人 | 2007/01/18 01:58

毎度お世話になってます。

FC鶴橋かあ。A・ビルバオみたいですね。朝鮮民族のみで。
試合も野次や怒号、トイレットペーパーが
飛び交ったりするんですかね?
それはそれで見ごたえはありそうです。

在日の人たち、本国に対して
どれくらい帰属意識があるんでしょうね。
彼らのアイデンティティーを押し出すような
「FC鶴橋」のようなクラブが実際出てこないというのは
時には、不愉快なこともあるだろうけど
概ね日本では平和に暮らせている証明のように思えます。

投稿: ひら | 2007/01/16 13:52

 日韓と違ってイギリスとアイルランドの間には実際に血で血を洗うような紛争の歴史があるわけだし、なんと言っても宗教的な対立が絡んでいるから日韓の中の悪さとは単純には比べられないですよね。殺し合いをすることから考えれば、サッカーの応援なんてたいしたこと無いのかも。
 中韓の反日はぶっちゃけ口だけって感じなので(中国人が移民した先の国で風紀がわるい、もしくは犯罪を犯すのは、程度の差はあれデフォルトだし)、実際に殺しあってる地域からするとかなりましなのかもしれませんが。

それでも。

「どの国も中韓(の国民性)よりはまし」ってついつい思っちゃうんですよね。

 韓国においてはその国民性自体がもう嫌なんじゃー!!
 

投稿: kurochan | 2007/01/15 23:21

アイルランド人とスコットランド人は同じケルト民族だから親しみがあるんじゃないでしょうか。それとアイリッシュとスコッツはイングリッシュに対抗意識はありますが、在日韓国・北朝鮮人や朝鮮半島の人たちの怨の精神とはかなり異なるものだと思います。

あくまで個人的な感想ですが、イングランドに行ってからアイルランドに行って見ると、あー搾取された国だな~っって感じます。何か貧しいっていうか…。アイルランドの歴史については色々映画もありますのでそちらを参照して頂きたいのですが、日本の朝鮮半島併合と違って「ホントに」とことん搾取・虐殺・抑圧されていますからね。アイリッシュの人と話すとやっぱりイギリス人嫌いは出ますね。でもそれが反抗精神、議論好き、情熱的、最後まであきらめない、といったアイリッシュ本来の個性にも結びついているんですよね。そうした特長は決してネガティブなパワーだけにはなっていないと思います。

投稿: まんご | 2007/01/15 18:05

やめてください^^鶴橋のレッドデビル。。。気分悪いくらいリアルで現実になりそう。マスコットはなぜか昔懐かしい88オリンピックのホドリとかいう虎を思い出しました。あのあたりから、かの國のウリナラは先進国という自爆勘違いが始まったような。。。
アイルランド人の【誇り高い】は、なりすましがない分、隣の韓国人よりアイルランド人の方がマシに感じてしまいます。

投稿: nana2 | 2007/01/15 17:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76877/13498880

この記事へのトラックバック一覧です: 中村俊輔特集番組を見て余計なことを考えてみる。:

» 【サッカー】セルティック中村俊輔の活躍が見れる! [ひまちゅっ!]
USEN GROUPが提供する無料のパソコンテレビ「GyaO」 スポンサーが費用 [続きを読む]

受信: 2007/01/15 16:24

« コ・ジョンス記事発見。 | トップページ | キム・ヨナの痛いCM »