« 在留外国人無視の防空訓練 | トップページ | 円安陰謀説。。。 »

2006/10/18

軽い話題。

たまには生活ネタを。

先日、地下鉄に乗っていたところ、30代後半くらいの母親とその息子(小学校高学年くらいかな?)が乗ってきました。場所は3号線のアックジョンという、ソウルの中心地の一つ。

息子は、屋台ででも買ったのか、アルミホイルに包まれたピザをパクつきながらのご乗車。韓国の地下鉄では珍しく、ケチャップの香りが周囲にプ~ン。その子の食べ方というのが実に危なっかしく、急ブレーキでも踏まれたらちょっと迷惑なことになるかも、なんてことを考え、いつでも逃げられる態勢をとりつつチラチラ見ていたのですが、次の駅に到着する頃には無事完食。

でも、その過程で子供の両手はケチャップまみれになって、母親に縋るような目。「しょうがないわね」と言ったかどうかはわかりませんが、肩にかけていた革製(っぽい)の黒い小さなハンドバックから何かを取り出す。出て来たのは、、、

トイレットペーパー!

しかも、家から持ってきたのか、はたまたどこかで盗んできたのか、折りたたんだものではなく、使いかけのロールで出て来ました。

いや、結構身なりもそれなりにキレイな親子で、漢江の南は所得が高そうだなと思っていた矢先の唐突な出来事だっただけに、吹き出しそうになってしまいました。

韓国人というのはほんとトイレットペーパーが好きなようで、若いOLちゃんがティッシュペーパー代わりにこぎれいなオフィスに常備したり、社長室に鎮座していたり、サッカーの応援グッズになったり。観光バスの後方の座席の荷物を入れる棚に、針金ハンガーを改造したものを芯にしてぶら下がっていたこともありました。

韓国を象徴するものといえば一般的にはキムチですが、私は結構トイレットペーパーじゃないかと思っております。

|

« 在留外国人無視の防空訓練 | トップページ | 円安陰謀説。。。 »

コメント

ヨンドンポさん、ティッシュはありますよ~。私はオフィスの机に常備しています。でも紙が硬いんですよね。クリネックスとは書いてありますが、韓国で作るとグレードが落ちるみたいです。

投稿: 管理人 | 2006/10/22 04:04

ヨンドンポです。

まあ日本にも普通にトイペーを部屋に置いている
輩がいますけどね。
そういえば、韓国でティッシュペーパーなるもの
見たことなかったような....。

投稿: | 2006/10/21 19:19

kurochanさん、こんにちは。

ご指摘の通り、韓国人の理屈は一瞬「そうかも」と思ってしまうんですよね。常に冷静じゃないとこっちが損するばかり。しっかし、コメント欄の韓国人が立派にかつ真顔で反論しているつもりになっているところが、救いようがないというか。。。

要するに、他の国々の人々に「トイレットペーパー愛」を認めて欲しいってことですよね。なんだったら、世界遺産登録、行きましょうか?

ま、生活者としてはもうちょっとお尻に優しい良質なトイレットペーパーをパクリで良いから作って欲しいと願う今日この頃ではありますが。

投稿: 管理人 | 2006/10/21 04:44

連投ですみません。

エンコリのコメ欄がおもしろいです。
今回のネタの裏づけですよね。

日本人の「いくらなんでも茶席にトイレットペーパーはないだろう」
という突っ込みに対して

韓国人側がコメ欄で
「それは文化の違いだ、お前らには文化の差異というものがわからないのか!!」
「自分たちの文化が他のものと違うのは当たり前ではないか?その位も理解出来ないとは知識不足だ!!」
と叫んでおりますねww

いってることは一見筋が通ってますが、
なんか文化意識の程度がよくわかる発言の数々ですw
どこの国でも格式の高い場(特に食卓)において、トイレットペーパーがどーんとおいてあれば、普通に引くでしょうに。

投稿: kurochan | 2006/10/20 01:50

エンコリにありました。
私が見たやつとは違うので、やはり茶席で使うのはめずらしく無い模様。

エンコリ↓
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=thistory&nid=1573164

投稿: kurochan | 2006/10/20 01:30

kurochanさん、こんにちは。

韓国伝統の茶道では「懐紙」と同じ感覚でトイレットペーパーを使うんですか。いやぁ、西洋的で洗練されていて、かつ日常との乖離がないのですねぇ(棒読み)。
http://kuyou.exblog.jp/938458/

落ち太郎さん、はじめまして。

へぇ。自衛隊では一般的なんですか。初めて知りました。
でもそれって使えるものは何でも使って戦うという軍人の合理精神をある意味体現したことのように思えますがいかがでしょう。それに、韓国人と一緒にしたら自衛官の皆様がかわいそうですし(笑)

あ、今日、たまたま機動隊のバスを見たのですが、車両の真ん中のドアの所にもトイレットペーパーがぶら下がっていました。もっとも、こっちは合理精神じゃなくて単なる日常の習慣の延長だとは思いますが(笑)

投稿: 管理人 | 2006/10/19 14:11

はじめまして、管理人さん。
はじめて投稿いたします。去年2005年6月よりソウル在住のものです。このFrom SEOULサイトはそのころより拝見いたしております。
当初は、なんて批判的なひとなんだろうと思ってました。
今は、ほぼ100%おっしゃりたいことは理解してます。
「そうそう」って感じです。
本件さすがに地下鉄でトイレットペーパーは見てませんが、
容易に想像します。当社でも机の上にトイレットペーパーを見ます。

投稿: seoul在住 | 2006/10/18 23:15

・・・少なくとも、私の知る護衛艦の居住区では常備品でした。ハリガネハンガーを改造したモノに吊るしてあることが多いです。経験として、これを作るのがうまい者は「器用で気の利いた」人物な事が多いのですが・・・まぁ、持ち歩いたり、人目に触れず使ってる分にはおk・・・・ということで。

orz

投稿: 落ち太郎/msdf | 2006/10/18 22:01

 そういえば、韓国のなんちゃって茶道
の写真にもよく出てきますよね。
茶釜?らしきものの横に無造作においてあったり。

「おいおい、いくらなんでもトイレットペーパーはないだろう」
と思っていましたが、そんなに日常に多用されるものなら納得です。

でもやっぱお茶の席ではやめようよ...。

投稿: kurochan | 2006/10/18 20:10

あら座さん、はじめまして。

そうですか、そんな時代が。その「トレペ立て」に似ているであろうものが針金ハンガーの改造版です。

ちなみに彼女のは茶色い芯が見えてました。

韓国は小さいティッシュはあるのですが、微妙に使えない大きさで、ポケットティッシュは無いんですよねぇ。パクりが仕様の韓国で何で無いのか理由はわかりませんが、とにかく日常的に不便であることは間違いないです。ということで我が家ではポケットティッシュは日本でまとめ買いしています。

ご指摘のふき取った紙ですが、そういえばどうしたんでしょう。。。しばらく手に持っていたような気がしますが、最期まで見届けないうちに電車を降りてしまいました。え、鞄の中に再び??

投稿: 管理人 | 2006/10/18 18:15

30年前…というより私が小学5年ごろのことだから35年昔になるけれども、
トイレットペーパーがちょっとブームみたいな事があったんですよ。
今のようなティッシュもまだない頃(400枚入りの箱型もまだない)だからかもしれませんが、
トレペの芯を抜いて、テーブルのうえに直接置いて真ん中の穴から取り出して使うってのがあったんですわ。
ビニール製の荷造り用ロープを編んで中にトレペを入れて使う「トレペ立て」なんてのも作ったり。
ティッシュが出だしてからはそれも廃れましたが。

でも、トレペとはいえ、汚れを紙でぬぐうようになったのはいいことだと思います。
で、ふき取った紙はどうしたのでしょう?

投稿: あら座 | 2006/10/18 15:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76877/12328342

この記事へのトラックバック一覧です: 軽い話題。:

« 在留外国人無視の防空訓練 | トップページ | 円安陰謀説。。。 »