« 交通カードでボッタクリ? | トップページ | 偽物コシヒカリ食ってます! »

2006/10/22

夜盗の孫がドラマで活躍

韓国の「栄光の歴史」である、青山里の戦闘(韓国名では「青山里大捷」)の朝鮮側首謀者である金佐眞という夜盗の頭領がいるのですが、その孫が韓国では俳優だそうで、現在はテレビドラマでご活躍の由。名前はソン・イルグク。

この記事のお陰で初めて顔と経歴が一致しました。彼、そういえば別の時代劇に出ていた気もするし、恋愛ドラマにも出ていたような気が。でも、全般的にブスっとした不満そうな顔をしながらの演技が多く、寡黙というよりは何となく鬱屈した、ひねくれた感じも見えて、とてもじゃないけど主役級ではないだろうと思っていたんですが、国家ぐるみで捏造した歴史を背負って商売をしているとなると周りもなかなか軽くは扱えないと言うことでしょうか。いや、本当は実力あってのことなのかもしれませんが、韓国人の演技の上手い下手はよく分からないのですわ。

ちなみにこの「戦闘」ですが、ソウルにある戦争記念館には何と結構大きなジオラマが展示されています。ここまで見せられると殆どギャグなんですが、もう引くに引けません(笑)。

それにしても先祖がどうこう、そのDNAがどうこう、というのは韓国人は大好きですね。だいたいDNAが同じ傾向だと同じ方向性で人生を歩むって考えてしまうようなのですが、そこに論理と科学の飛躍があるというのは気付かないんでしょうか?

その最近の最たる例が小泉前総理と安倍総理。軍国政治家の孫は軍国政治家になるというアレです。ま、この点は日本の左翼もよく指摘するようですので、日本の左と韓国の右は考えていることが一緒という不思議な現象がここでも見られる訳ですね。でもなぜか問題になるのは祖父で、一般論としては最も影響が大きいであろう父親・母親の方は記述が全くと言っていい程見当たらない。生き様も隔世遺伝するという思想なんでしょうか?アホすぎてついて行けません。

この「祖父のくびき」というのは当然韓国人自身にも災難を振りまいているようで、記事で拾う限りで見ても、金希宣というバリバリ左翼で祖父が独立運動の闘士だと喧伝していたのに、実は満州警察の憲兵隊にいたということが暴かれた与党女性議員がいますし、東学党の乱を引き起こした張本人の孫である韓国政府の高官が歴史を捏造に走ったりと、色々忙しい訳です。

韓国人の発想(儒教の影響?)では、何でも綺麗に整っていなくてはいけないということらしいですから、先祖の経歴も綺麗じゃなきゃいけないし、自分の顔も整形してでも綺麗にしなきゃいけない。歴史も綺麗=自分たちが気持ち良いものじゃなければいけない。英雄の孫は名優で、悪人の孫は悪人だと。もう一回書きますが、アホすぎです。

現実を見る目はこうして曇っていくのですね。隣人は苦労するはずです。


あ、上記の俳優のブスっとした感じ、鬱屈した感じですが、仮にDNA関連説が正しいとすると、その顔に史実と国家ぐるみの歴史捏造という社会の暗部が投影されてしまったと言うことでしょうか。そう考えると、これはこれで彼も可愛そうということですね。

|

« 交通カードでボッタクリ? | トップページ | 偽物コシヒカリ食ってます! »

コメント

hanaさん、こんにちは。

夜盗の先祖を背負っている顔と言っているだけで俳優氏が夜盗だとは言っていません、という理屈は彼らには通じないんでしょうか・・・。

投稿: 管理人 | 2006/10/26 14:16

こんばんわ。この人を夜盗呼ばわりしちゃうと
キム・ワンソプ氏みたいに訴えられちゃうんでしょ?

投稿: hana | 2006/10/23 19:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76877/12371898

この記事へのトラックバック一覧です: 夜盗の孫がドラマで活躍:

« 交通カードでボッタクリ? | トップページ | 偽物コシヒカリ食ってます! »