« ソウルは豪雨。 | トップページ | 韓国の田舎に住む »

2006/07/19

マンションの浸水自慢大会

この月曜、火曜と、雨は降り続いているものの週末に比べたら小康状態になりました。その分日本におすそ分けが行っちゃったみたいで、特に山間部にお住まいの方は気をつけて頂きたいものです。

さて、大きな雨が降ったあとの日本人同士の話題といえば、マンションの浸水自慢大会!
いや、ほんとです。

同じような規格で機械的・無機的・無表情にニョキニョキと乱立している韓国の高層マンション群ですが、実は世帯ごとに大きな特徴があるんですねぇ(笑)。特にベランダ部分の浸水の状況は家によって本当に千差万別。というか、こういう欠陥もあるものかぁ、と感心するばかり。

配水管とは関係ない場所なのに大雨になるといつもベランダの床板の下が浸水して板がプカプカと浮いてしまうとか、浸水量が多すぎて子供用プールのような状態になって大雨のたびにいつも水を掻き出さなければならないとか、きちんと閉まっているはずの窓から水が吹き込むとか、サッシのガラスを固定するビニールパッキンを浸透して?水が中に入ってくるとか、もうとにかくベランダはカビだらけでついにはリビングにまで侵入してきたとか、そんな話ばかり。

大体皆さん高層階にお住まいで、築5年とかそのくらいの外装も内装も見た目は本当に立派なマンションに住んでいるはずなんですが、軒並みそういう状況。「○○年度韓国建築大賞受賞!」みたいなマンションでも部屋ごとに浸水の特性が違ったりするようです。

勿論永住する訳でもないし、会社からもお金が出ているので、自分の家財道具に影響が出ない限りは「所詮人ごと」という感覚が抜けない部分はあるとは思いますが、360度カビに囲まれた生活というのもなかなか辛いですよね。もっとも、内装までばっちり隙間無く丁寧にやったマンションなんて韓国ではそうそうお目にかかれないんでしょうから、諦めざるを得ない部分ではあります。

韓国人は、セキュリティとか自然災害のこととかも考えて一戸建てよりもマンションを好むという話を聞いたことがありますが、現実に供給されている物件の話を聞くと、なんでこんな品質のマンションに東京よりも高い値段が付いてしまうんだろうと不思議に思ってしまいます。

経済学ではないですが、完全な市場というのは無いものですね。

|

« ソウルは豪雨。 | トップページ | 韓国の田舎に住む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76877/11002718

この記事へのトラックバック一覧です: マンションの浸水自慢大会:

« ソウルは豪雨。 | トップページ | 韓国の田舎に住む »