« 試しにFIFAにアクセス! | トップページ | 嫌韓流に関する誤解、というか意図的なミスリードに潜む焦り »

2006/06/27

好かれてしまったオランダ人

韓国の新聞社の解説委員というのはどうしてこうまでレベルが低いのか。今回は東亜日報のオランダ人へのと韓国人の近さに関するお伽話だそうで。ま、こういうレベルだから私のネタも尽きないのですがね。

そもそもオランダと韓国の共通点なんて、反日と加害者としての過去をひた隠しにしつつ被害者面が上手ということくらいじゃないのでしょうか?
ふーん、まぁ、面倒ですが、反駁していきましょう。斜字が引用部分です。

サッカーのディック・アドフォカート監督とフース・ヒディンク監督は二人ともオランダ人だ。韓国サッカーはW杯ベスト16の入り口で挫折したが、誰も監督を責めたりしない。もし、ヨハネス・ボンフレールやウンベルト・コエリョ元監督が国家代表チームを指揮していたならどうだったろうか。ヒディンクが育てておいた韓国サッカーを、アドフォカートがアップグレードさせたことは確かだ。サッカーに関する限り、オランダ人とは縁もあり、「相性」も合うわけだ。

韓国人が嫌いなボンフレールもオランダ人です。
韓国サッカーを育て、アップグレードさせたと言いますが、彼らの力はKリーグやその下部組織には影響を及ぼしていないように思えます。ヒディンクはともかく、アドフォカートがアップグレードさせた部分とやらを教えて欲しいですね。自分が探してきた選手の中で本番で積極的に使ったのはMFのイ・ホくらいじゃないでしょうか?やってるサッカーは極めて伝統的な韓国サッカーでしたよ。

◆オランダ人は実用的で勤勉だ。食堂での「ダッチペイ(割り勘)」は、「オランダ式計算」を意味する。彼らの勤勉さは、「世界は神がつくり、オランダはオランダ人がつくった」と言う言葉が生まれたほどだ。外国の侵略と干渉に苦しんだ歴史のせいか、抑圧に抵抗する気質も有名だ。人道主義的思いやりもあって、ナチ時代にはユダヤ人を保護し、その後も、政治的亡命者を諸手をあげて歓迎した。このような点は韓国と通じるようだ。

韓国人は基本的に観念的であり、無意味な飾り物の言葉が多い人達です。また少なくともブルーカラーは怠惰な傾向が強いですし、ホワイトカラーの生産性も低いです。
あと、割り勘は韓国では若い人ですらも殆どしません。「おごり」が基本。ダッチペイとは対局の存在です。
歴史的に朝鮮半島に対する侵略と干渉が多いことは認めますが、それに対する対応はこれまたオランダとは真逆。事大主義という用語自体韓国人のためにあるような言葉だということがわかってない。日韓併合後は満州に積極的に進出し、創氏改名によって得た日本人名をフル活用して中国人を搾取し放題。日本兵としても占領地では「背の高い日本兵には強姦されないように気を付けろ」といわれるくらいの悪逆非道ぶりを発揮。

◆オランダは開放の国だ。早くから海外市場に目覚め、日本の長崎まで行って貿易をした。日本との往来途中、1626年、風浪にもまれて済州島(チェジュド)に流れついた船員がウェル・テブレーだ。彼は訓練都監に配置され銃砲の業務に携わり、昔の中国との戦争の時は戦闘にも動員される。帰化して朴淵(パク・ヨン)となった彼は1653年、「同胞」船員であるハメル一行36名が漂着して来ると通訳をした。そのハメル一行はおおよそ13年間も、監禁、暴行、むち打ち、流刑、もの乞いのような惨めな待遇を受けた。そして脱出し、「ハメル漂流記」を書き、「閉鎖的な朝鮮(チョソン)」を世界に告発した。

韓国は閉鎖の国です。身内に優しく、他人には極めて冷たい。また常に目の前の相手が自分よりも上か下かでしか判断できず、対等な関係というものを知りません。
発展途上国の国民に対する差別感情は特に酷く、脱北者が韓国からアメリカに再度亡命するという信じられない事件が発生する国です。

テブレーという人については知りませんでしたが、ハメルについては一言。
ずっと前に、済州道の投資促進のビデオというのを見たことがあります。中身は歴史ドラマ仕立てになっていたのですが、数百年前に済州島に漂着して韓国を体験したハメルの子孫が、ビジネスマンとして登場、巡り巡って済州島の自由貿易地域かなんかへの投資のために再び済州島に戻ってくる!やっと愛する韓国に帰ってきたよ!ご先祖様!!という想像力もここまで来ると犯罪レベルという代物でした。どうせハメルの書いた「朝鮮幽囚記」なんて知らないだろうという勝手な思い込みに基づいた歴史捏造ドラマでした。ネット時代であることと、見せている相手が日本人であることを完全に忘れている上映会でありました。

◆すでに中国には西洋の宣教師たちが定着し、日本は欧州と貿易をしていた時代だ。朝鮮もハメルみたいな「オランダ人」を通じて世界に目覚め学ぶことができなかったのか。オランダ人との縁をよく生かしたなら、もっと早く「ベスト4神話」のような非常にめでたいことがあったかも知れない。アドフォカートとの別れる時をむかえ、またその国を思う。労組ストライキもほとんどなく、宗教紛争もなく、人種差別もしないオランダを。アデュー、アドフォカート!

アデューってフランス語じゃないの?
ま、それは放っておいて、むしろオランダと韓国の関係といえば場所貸しではありますがハーグ密使事件ですが、都合の悪いことは書かないと言うことですかね。

ていうか、韓国人がオランダ人に近付いたからこそ、「法則」が発動して、前回大会は予選落ち、今大会もポルトガルとの乱戦で敗戦、ということになったということに気付くべきでしょうなぁ。オランダ人は。

|

« 試しにFIFAにアクセス! | トップページ | 嫌韓流に関する誤解、というか意図的なミスリードに潜む焦り »

コメント

ヨンドンポさん

私は日本に行った事さえないですよ~
韓国に帰りなさいと言うことは日本にいる韓国人に言うとでしょう? (笑)
あなたの論理とおりなら韓国嫌いなのに韓国で稼いで留学中の
日本人も.....バカじゃない?(爆)

管理人さんには煩わしくして失礼しました。

投稿: 氏 | 2006/07/04 20:06

ヨンドンポさん、まぁ、そう熱くならないで(笑)。

韓国人の親日派・知日派の育成は重要ですよ。彼らの存在自体が半島の攪乱要素になりますからね。もちろん犯罪者を含む出稼ぎ者は徹底排除しなければいけないと思っていますが。

投稿: 管理人 | 2006/07/02 03:32

ヨンドンポです。

逆に韓国人は日本が嫌いなんだからそれこそ日本にいないで帰ればいいのに。
嫌いな国日本に行って勉強したり稼いだり.....バカじゃない?(爆)

投稿: | 2006/07/01 01:57

氏さん、こんにちは!

いやいや、当方仕事なもので、しょうがないんですよ。稼ぐしかないのです。ハハハ。それに基本的な気持ちとしては嫌韓というよりは呆韓、笑韓の境地ですので、ソウルにいる限りはいじり通したいと思っているのです。

ちなみに「歩いて通う」、「嘔吐が出る」とは。。。

投稿: 管理人 | 2006/06/30 20:10

韓国がそんなに嫌いならば日本に帰れば良いのに ^ ^ 可哀想~~あなた ^ ^ あなたがソウルを歩いて通っていると思えば正直嘔吐が出る(笑)

投稿: 氏 | 2006/06/30 12:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76877/10690806

この記事へのトラックバック一覧です: 好かれてしまったオランダ人:

« 試しにFIFAにアクセス! | トップページ | 嫌韓流に関する誤解、というか意図的なミスリードに潜む焦り »