« 日々愛国、日々反日、日々健忘 | トップページ | 新たな移民手段があったニダ! »

2006/05/02

水原華城火災

韓国の「○大がっかり」の一つである(注:○に入る数字は皆さん勝手に入れて下さい(笑)。)、水原市の華城という世界遺産(一応・・・。)の一部が燃えてしまったようですね。詳しいことは知りませんが、どうせ最近再建した建物ですから、保険でカバーすれば良いんじゃないの?という程度の感想でしょうか。

このお城には1回だけ言ったことがありますが、日本の各地にあるお城に比べると情緒も歴史も感じられない、ただのコンクリートの造形物です。燃えた建物は、確か周りがちょっとした広場になっていて、高台にある建物じゃなかなったかと記憶しておりますが、ま、どうでも良い記憶ですね。

ちなみにソウルナビさんの方ではここからの「眺めは抜群」とか相変わらずのマンセー記事なんですが、いかんせんそこから見える景色というのが貧しい感じの小さな家と高層マンションの無秩序な塊だけなので、何の感動もない、というより逆にもの悲しささえ感じてしまうような場所でなんですよね。このサイトは情報量が多いこと自体には日頃から本当に感謝しているのですが、読者をミスリードして期待を持たせるような方向性の記事がやたら多いんです。この記事と現実のギャップに慣れるまでがこれまた大変。少なくとも旅行者の皆さんにとっては、貴重な時間とお金をかけてソウルの郊外に出るように仕向けているわけですから、実際に行かれた場合の失望感は倍増なんじゃないでしょうか?

とりあえず記事では防災設備が無いだの、警備が不十分だの一通りの文句を言ってますが、見るからに大型の四阿(あずまや)でしかなく、そこまでコストかけて守ってもなぁと思うような施設です。

|

« 日々愛国、日々反日、日々健忘 | トップページ | 新たな移民手段があったニダ! »

コメント

ヨンドンポです。

韓国は余暇を過ごすコンテンツがない!と嘆いていた管理人さまは
ではいったいどんな休日を過ごされているのだろうと日々疑問に思っていましたが
史跡めぐりをされていたのですね!
疑問が解けてすっきりしました(笑)
まあそれにしても、こういう施設に消火設備など基本的な設備がないところは、いかにも韓国らしいですね。
肝心なところがほったらかしというか......。

投稿: | 2006/05/03 12:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76877/9848337

この記事へのトラックバック一覧です: 水原華城火災:

« 日々愛国、日々反日、日々健忘 | トップページ | 新たな移民手段があったニダ! »