« ありえない韓国との再戦 | トップページ | ロッテワールド事故の映像を見て »

2006/03/26

自分を知らない韓国人

ソウルのロッテワールドで負傷事故があったようですね。
なんでも死亡事故が以前にあった関係でそれを謝罪する意味で無料開放されたものの、お客さんが大量に集まりすぎて、大混乱が生じ、負傷者が続出したとのこと。

ていうか韓国人、自分たちのことを知らなさすぎです。いかに普段人気(ひとけ)のないのどかな遊園地だからとはいえ、無料なんかにしたらこうなるのは目に見えていたはず。得なことならとりあえず行ってみようと思うのが韓国人なんですから。

また、混んでいようがなんだろうが、基本的に秩序という言葉とは無縁であり、自分のペースで自分の行きたいところに行くのも韓国人。スーパーでもそうだし、自動車に乗ってもそう。少しでも隙間があればそこに入り込み、列を作って整然と、なんて少しも考えない。結局そういう行動の積み重ねが社会全体の効率性を著しく低下させているのですが、自分からは何か全体のために行動を起こそうなんて気は全くない様子。

教会ですらそうなんですから笑ってしまいます。何かの集会が終わった後なんて、大量の信者達が公道を塞いで談笑に耽る場面は週末必ずどこにでも見られる風景です。通行人の迷惑なんて少しも考えない。自分たちが混乱の元凶であるとは全く考えていないわけです。キリスト教徒は他人に優しいと思っていたんですけど、韓国では信じる神が違うようです。

こんなんですから、要するに普段から危機に対する心の準備が甘いわけです。
事故が起きるまでは基本的に気付こうともしない。何か起こってからもの凄く騒ぐ。あ、歴史問題とかも一緒か。

そういえば、クルマとかでも後ろを確認しないで発進する人とか、平気でガバっとドアを開ける人とか、車間距離が異様に近いとか、危機感の無さを感じる場面はたくさんあるわけですが、そういう人は怪我をしたり死んでからじゃないと自分の甘さには気付かないのでしょうね。

ま、ある意味幸せな人達なのかも、と思ったりもしました。

|

« ありえない韓国との再戦 | トップページ | ロッテワールド事故の映像を見て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76877/9270265

この記事へのトラックバック一覧です: 自分を知らない韓国人:

« ありえない韓国との再戦 | トップページ | ロッテワールド事故の映像を見て »