« 新5000ウォン札リコール | トップページ | 異様にデカイ竹島 in 新5000ウォン札 »

2006/03/01

今日から韓国人はビザ無し訪日

マンションとかアパートに住んでいる方は日々実感していることだと思いますが、隣に住んでいる人がどういう人間かを理解することって自分の生活を守るためには結構重要じゃないですか。

何か知らないけどバタバタと音がするとか、朝な夕なに呪文を唱える声が聞こえるとか、一体隣は何をしている人なのか、正確に知らなければ不安と不快感ばかりが先に立ってストレスは溜まるばかり。

でも、何かのきっかけに、どうやら夫婦仲が悪いらしい、子供が反抗期で家庭内暴力中、酷い鬱病にかかっている人がいるらしい、家庭に絶望した妻は怪しげな新興宗教にはまって教祖様からは自分の不幸は隣家からもたらされると吹き込まれているらしい等々といった情報が掴めるようになったら、不快感は減らないものの、自分なりのお隣さんに対する対処方法を考えることは可能になるはずです。

ネットの中では、韓国=トンデモ国家、韓国人=トンデモ民族、というイメージはかなり定着しているのではないかと思うのですが、じゃ、これが日本の現実社会にどれほど定着したイメージと言えるのでしょうか。まだまだ盲目的な韓国ファン、韓国に何となく同情的な人、韓国に対してそもそも無知・無関心である人というのはかなりの人数に上ると思うのです。

よく、両国民の交流を深めて、相互理解を増進させましょう、という美辞麗句が語られますが、まさに仰るとおり。この相互理解はどんどん進めるべきです。なんのため?勿論日本を守るためですよ。

どうか訪日韓国人の皆さまには「よそ行き」ではなく、普段着姿の自分たちを日本人に見せてやって欲しいのです。人の迷惑を考えないところとか、人の優しさにつけ込むところとか、自分のアホさ加減を指摘されてすぐに逆ギレするところとか、反省はさせるものであって自分でするものではないという態度を取るところとか、愛国無罪なところとか。そうした行動を通じて大いに日本人の目を啓いて欲しいのです。日本の隣人はこんな連中であると。その「素」の姿を見せることにより、日本人の心に朝鮮半島の人間に対する健全な警戒心を植え付けて欲しいのです。

恐らく戦前の日本人にはそういう警戒心は当たり前のようにあったのだと思います。「朝鮮人」という単なる民族に対する呼称がなぜか差別用語になるらしい、という事実は、我々の先人達の貴重な経験の蓄積を思い起こさせる一つの物証のような物なのかも知れません。

今後大挙して押し寄せる韓国人と彼らが巻き起こす大小無数の日本国内でのトラブル。この経験を積むことで日本社会に「あいつらはトンデモない」という認識が確固たるものとして広がっていくのではないかと思うのです。「嫌韓」に対する社会的な包容力の向上というのでしょうか。そういうものが醸成されていくのって、本当に重要なことだと思うのです。

韓国の政治家が歴史問題で怒ると、まだまだ何となく「申し訳なさ感」が漂うように感じるのですが、韓国人を日常的に近くに見ることで連中を冷笑出来る方向に心理状態を変えることが出来るんじゃないでしょうか。

そうした認識の変化を通じて左向きのジャーナリストやら教師やら弁護士達が韓国を踏み台にして安易な反日をやるようなことは世論が許さなくなるようになるわけです。

もちろんこれまで懸念されているような、韓国人による犯罪の増加はあるのかもしれません(万博期間中は無かったようですが。)。韓国人、あるいは韓国人ぽい顔をした人間に対して自然に防御姿勢を取るようになるというのは、苦痛は伴うものの、日本人、日本社会の一つのレベルアップではないかとも思うのです。「朝鮮半島」という日本社会のタブーの一つを解消出来る方向に持って行けるのではないかとさえ思います。

決して無責任なことを言っているのではありません。私も近い将来に帰国する身ですから、というか、帰ったら帰ったで「親韓派」のレッテルを意に反して貼られてむしろ韓国との接触の最前線に立たされることは間違いないですから、決して日本にいらっしゃる方々を突き放しているわけではないということをどうかご理解頂きたいと思います。

隣の家に住む人間が、
・鬱火病という慢性的な精神病患者である。
・ウリナラ病というカルト宗教信者である。
・部屋の中にバリケードを作って家族間で大喧嘩中であるものの、隣家とのトラブルには一致団結できる。
・家庭内の喧嘩の遠因は隣家にあると思っている。
といったことがわかりながら、引越をしようにも出来ない状況にあるということです。

非常にめんどくさい事実ですが、この事実を全く知らないよりは全然ましだと思いませんか?

ということで本日からの韓国人旅行客のビザ無し訪日、私は割と賛成だったりします。
(マゾ的かしら?)

|

« 新5000ウォン札リコール | トップページ | 異様にデカイ竹島 in 新5000ウォン札 »

コメント

回答ありがとうございます。

>>積極的にアピールしたい場合
ハハハ。そんなに違うものですか。
(韓国には行ったことはありません)

近所の牛丼屋は、最近では深夜など
店員全員が中・韓です。

そんなときフト、みそ汁など飲みながら、
「器を持ち上げて、マナー悪いニダ」
なんて思われてるのかな~?なんて考えます。

まぁ、小さなマナーの違いではなく、
爽やかで清潔感に溢れる、食事マナーを身につけたいものです。

投稿: ぼびお | 2006/03/03 07:44

ぽぴお様、こんにちは。

私は基本的には「郷に入ったら郷に従え」で良いと思っています。そもそも道具というのは、その地域の文化に根ざした合理的な作りをしているはず。

牛丼のどんぶりは持って食べるのに適した形をしていると思うし、韓国のステンレスのお茶碗はお茶碗ごと加熱・保温するので持って食べるのには適していないわけです。

牛丼を置いて食べれば単純に食べにくいという意味で不自然だし、韓国のお茶碗を持つことは火傷のリスクを負うことになります。

日本において、日本人が日本流に振る舞うことについては、それが一番合理的な姿勢なわけですから、外国人にとやかく言われる筋合いはないわけですし、気にされる必要もないのではないかなと思いますよ。

ただ、韓国において、日本人であること、自分は韓国人じゃないよ!文明人だよ!ということを積極的にアピールしたい場合にはお茶碗を持っても良いかと思います。私はたまにわざとやります(笑)。それに、私は韓国人にマナーについて語って欲しくはありません(笑)。

投稿: 管理人 | 2006/03/02 14:38

この機会に、質問させてください。

>>牛丼店など
韓国在住の方に伺ってみたいのですが、
日本では犬食いは悪いマナーとされます。
でも、韓国・中国では、皿を持ち上げて食べるほうが、マナー違反なんですよね?

つまり、最近よく見る韓国・中国のバイト君の前で、
普通に牛丼を食べていると、彼らには悪いマナーと写るのでしょうか?


私自身は、どちらのマナーが良い悪い、とは考えていません
例えフランスの日式そば屋で、ソバを啜るときでも、「海外でも上品に、格好よく啜りたい」ものだよマドモアゼル、と考えています。

ただやっぱ気になってしまうのです。教えて、くい様!

投稿: ぼびお | 2006/03/02 04:43

ヨンドンポです。

最近やたらと韓国ヨジャを日本のいたるところで見ます。居酒屋店員、スーパーのレジ打ち、牛丼店など。目を合わせないようにしています。

投稿: | 2006/03/02 01:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76877/8900685

この記事へのトラックバック一覧です: 今日から韓国人はビザ無し訪日:

« 新5000ウォン札リコール | トップページ | 異様にデカイ竹島 in 新5000ウォン札 »