« G組で良いの? in 韓国 | トップページ | 反日系CMキター!!!! in 韓国 »

2005/12/12

日韓友情年記念コンサート

実は先週、ソウルで行われた日韓友情年の最後を締めくくる記念コンサートに行ってきました。
場所は88年のオリンピックが開催された蚕室(チャムシル)運動場の体育館。平日の夜、しかも前の週末には本格的な雪が降った後ということで非常に寒い夜でした。チケットはインターネットによる抽選方式で、無料でした。チラシを見ると大量の日本企業がスポンサーに付いており、テレビ放映もあることからもともと入場料収入なんてアテにしないイベントであったと言うことがよくわかりました。

主催者側からは5時開場、7時開演だが非常に混雑することが予想されるため、4時半には外で待つようにとの指示がありましたが、案の定イベントの準備の段取りが悪かったようで、開場時間は6時頃になったのではないかと思います。このせいで風邪を引いてしまった人もいるんじゃないでしょうか?

コンサートの方ですが、NHKのBSでも放送されたと言うこともあり、だいたいの様子がおわかりになる方もいらっしゃるのではないかと思いますので、テレビでは感じられないと思われることをいくつか。

こうやって日韓の歌手が揃ってステージに立つと、それぞれの国の歌い方の特徴がよくわかります。日本人歌手の中で個人的に非常に印象的だったのは中島美嘉。うまいですねぇ。声を伸ばした時に残る独特のビブラートは聴いていてなかなか心地よいものがありました。歌ったのが「雪の華」ともう一曲バラードの曲でしたが、これは韓国の「ひたすらバラード」文化を意識したものだったのでしょうか。もうちょっとアップビートの曲も聴いてみたかったです。雪の華は韓国でもパクられ、じゃないカバーもされて人気が出ていたのでものすごく受けてました。

ちなみに歌の最中に発泡スチロールか何かの「雪の華」を大量に噴射するという演出が行われ、舞台近くのスタンディングのお客さんの頭が真っ白になり、しかも花道になっている舞台の床に仕込まれたモニターだか電飾の配線の接触を悪くさせてしまったようで、一部しか画像が表示されないと言うトラブルが最後まで続く結果になってしまいました。

韓国人の方ですが、音楽的には日本人と同時に比べてしまうとどうしても見劣りがしてしまいます。
特に高音のフォルテが全員声をしゃくり上げての絶叫スタイル。音量は大きく迫力は出るようにも見えるし、本人は気持ちよさそうなのですが、結局音が散らばってしまい、全く体に響いてこないのです。むしろ乾いた物体が無造作にホールを反射するようになってしまい、ちょっと不快感が残りました。一言で書くとうるさいのです。体を使って声を出しておらず、常に口先で音を作ってそれを無理矢理遠くに飛ばすイメージというのでしょうか?とにかく音量が上がるほど音が固くなり、柔軟性を失い、表現が単調になるわけです。一体日頃どういうボイス・トレーニングをしているのでしょう。

フィソン、キムナントカ、セブン、もう一人のキム、ことごとく同じ歌い方で同じ不快感を残す人たちでした。こういう画一性の追求はやめて欲しいものです。こういうのを見ても韓国人というのはものの良し悪しを一々考えてパクるのではなく、無節操にパクる人たちだということがよくわかります。フィソンは司会に「R&Bの皇太子」とか紹介されてましたが、あれじゃ廃嫡ですな。セブンもダンスで売ろうとしているところもあるのかも知れませんが、後に出てきたV6に比べると、彼らよりも全然若い(ファンの女の子のプラカードに「ベテラン6」とか書かれてるし。。。)にも関わらず体のキレが全く無く、鈍重なダンスを疲労していました。韓国人同士と言うことを考えても、後に出てきたピに比べると全く見劣りがしていましたね。

ちなみにピはダンスは格好良かったと思います。あれは素直に「マネは絶対できない」と思える水準のものでした。しかし、いかんせん彼のスタイルが「歌にダンスが付く」のではな「くダンスのおまけで歌がある」ような感じのものばかりなので、なかなかこの歳の人間にはなじめませんでしたな。

BoAに至っては、絶叫するとかいうそういう問題以前に自分の歌なのにも関わらず、途中で音程が取れなくなってしまい、歌いながら必死に音を探す始末。思わず隣にいる妻に「実は音痴?」と聞いてしまいました。妻は苦笑いでした。

その点特に中島美嘉と平原綾香はしっかりと声を響かせる技術が光っていました。声の質がしっかりしているので、その分、倍音がよく聞こえるわけで、そうなるとホールに響く声についても単発の物体が跳ね返るのではなく空気が鳴るように、ホールを包むように音が広がるわけです。V6も6人がそれぞれ反発し合わない声を出して、正しい音程でユニゾンで合わせるということに徹しているので、少なくとも不快感は残らないわけです。この点「東方神起」(どうでも良いですが、この高飛車なネーミングはなんとかならんのでしょうか?)とはひと味違う印象を残していました。

ということで、日韓の音楽、エンターテインメントに対する考え方の差とかレベルがよくわかる、個人的には非常に面白いコンサートでした。
ちなみに、コンサートの最後は日韓友情年のテーマソングを全員で歌ってシメてましたが、そういえばこの歌ってケミストリーと韓国人の女性歌手(この人もR&Bのナントカと言われていたような。)が一緒に歌っている歌だったはず。そういう意味では彼らこそ出演すべき歌手の最右翼だったんではないでしょうかね?どうしちゃったんでしょう。内紛でしょうか?

|

« G組で良いの? in 韓国 | トップページ | 反日系CMキター!!!! in 韓国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76877/7586602

この記事へのトラックバック一覧です: 日韓友情年記念コンサート:

« G組で良いの? in 韓国 | トップページ | 反日系CMキター!!!! in 韓国 »