« 嫌韓流 in ソウル | トップページ | 韓国v.s.イラン »

2005/09/30

偽物が偽物を笑うのを嗤う

韓国は中国の偽物に怒り、他方アメリカは韓国の偽物を怒る。この状況を嗤いたく。

いや、久々にベタな話題で恐縮ですが、韓国を軸に攻守ところを変える記事が同じ日に出たという偶然を楽しみたいと思います。韓国の人って、DNAが疼くのか、政治的に中国にすり寄る姿勢を見せているにもかかわらず、中国人そのものに対しての蔑視思想はなかなか根強いものがあります。性格の穏やかな韓国人と話をしていても、中国人は不潔だとか貧乏だとか傲慢だとか、そんな話がポンポン出てきます。

まぁ、もちろん韓国からすれば見れば中国も中国人も決して褒められたもんじゃないことは明らかなんですが、そうはいってもこっちから言わせれば五十歩百歩。特にこの偽物製造と販売に関しては中国の方が役者が一枚も二枚も上であることはさしおいても、精神においては両者は全く同じレベルにあるのではないでしょうか?数値的なものは知りませんが、韓国ではまだまだ偽物産業が産業としての地位を保っているということはあると思います。

韓国人女性の持っている海外ブランドっぽい鞄や財布とかを見ると、まずもって偽物だろうと考えます。実際、彼女らの心理としても本物にも投資する分、偽物も併用し、全体としてブランドをいっぱい持っているのよ、ということをアピールしたいという気持ちがあるようです。これを合理的なお金の使い方と評する向きもあるようですが、違法性は阻却されません。論外です。韓国に安くてセンスが良くて品質の良いブランドがないことは同情しますが、だからといって資本主義社会の人間としてやって良いことと悪いことがあります。

あと、買ったばかりのスーツやコートには、袖のところにブランドのラベルが縫いつけてあるものがありますよね?あれって買ったら外すものであり、逆に付けているとみっともないという意識が日本人にはあると思いますが、韓国ではそれを付け続けていることが「私は正規のブランド品を買いました。」というアピールになるので絶対に外さないという人がいます。ここまで来ると何のためにカッコ良いブランド品を買ったのか意味がわからなくなります。

観光で行かれた方には、東大門市場や梨泰院などで「完璧なニセモノあるよ」と怪しげな日本語で話しかけらた経験をお持ちの方も多いかと思います。中にはガイドから偽物の購入を斡旋された人もいるのではないでしょうか?でも日本人的にはどうなんでしょう。もはや偽物と知って使うことって恥ずかしいことという認識になっている、ということはないですか?(そうでもないのかな?ネタで買うとか?)

韓国語に「人の振り見て我が振り直せ」という言葉があり、かつ根付いているかはよくわかりませんが、中国人にしてみれば「少なくとも韓国人に言われたかねぇよ。」という話でしかありません。
ていうか、偽物の話に限らず、韓国ってこういう話多すぎのような気が。

|

« 嫌韓流 in ソウル | トップページ | 韓国v.s.イラン »

コメント

aさん、こんにちは!

最近仕事が忙しくなってしまい全くアップしておりませんでした。昨日のイラン戦は無理矢理帰宅してのテレビ観戦。競技場に行く体力は残ってなかったんです。。。。一応書いてみましたのでいつもの拙文ですがどうぞ。

投稿: 管理人 | 2005/10/13 14:47

イラン戦の感想お願いします。見れなかったので。

投稿: a | 2005/10/12 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76877/6186444

この記事へのトラックバック一覧です: 偽物が偽物を笑うのを嗤う:

« 嫌韓流 in ソウル | トップページ | 韓国v.s.イラン »