« 笑撃の韓国5 | トップページ | 韓国の性教育 »

2005/02/11

古館氏。。。

先日の北朝鮮戦、テレビ朝日の中継の後の報道ステーションでまたまた古館氏がぼろをだしたようですね。
サポティスタからの引用ですが、こんな動画が配信されています。

いやぁ、古館さん結構好きだったんですよね。
これまで毎年やっていたトーキングブルースには絶対行ってみたいと思っていたし、昔石橋貴明氏と一緒にやっていたフジテレビの深夜番組の「第4学区」はもう近所迷惑なくらいに笑い転げていましたから。

ところで平安時代の貴族社会には「位打ち」というものがあったそうです。池宮彰一郎氏の「平家」で読んだと思うのですが、才能はあるが地位の低い人間をいきなり分不相応な高い地位に昇進させ、過度のプレッシャーを与えて追い落としてしまい、既存秩序の安泰を確保するってやつです。何となくなんですが、古館氏は現在位打ちの真っ最中という気がしてならないのです。直感ですが。
もちろん番組制作の当事者にそんな意識はないのかも知れません。久米宏の後任という難しい役回りである以上、誰がやっても位打ちになるんでしょうかね。

改めて、彼の「言葉」というのは世のメインストリームでよりも、その影の部分でこそ光輝くと改めて確信した次第です。彼の才能、感性、つぶれて欲しくないのです(もっとも、NHKのクイズ番組をやり始めたころから毒が抜かれて、世間に迎合的になったような気はしていたのですが。)。NHKよりも民放、ゴールデンよりも深夜。早く帰ってきて欲しいものです。そして何よりもそのときには間違っても某記者のように文化人ヅラしないように願うばかりです。

|

« 笑撃の韓国5 | トップページ | 韓国の性教育 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76877/2887820

この記事へのトラックバック一覧です: 古館氏。。。:

« 笑撃の韓国5 | トップページ | 韓国の性教育 »