« 週刊ブックレビュー | トップページ | カタール国際 »

2005/01/18

作心三日

韓国語で三日坊主のことを「作心三日」(チャクシムサムイル)と言います。
同じことを三日も続けられるなんて、私にとっちゃ尊敬の対象でしかないわけですが、なんとこのブログも4日目に突入!いやぁ、大したもんです。
つっこむネタだけは無尽蔵なソウルでの暮らし、そして韓国人。今後も書き続けられるかどうかは正に自分自身の問題でしかないわけです。本当は過去に起きた出来事を備忘録的にアップしていきたいのですが、なんせ毎日面白いネタが発生するもので執筆が追いつかないのです。しばらくはこのペースでやっていこうかなと思います。そして、投稿が途絶えたら、それは単に性格の問題と考えて下さいな。

さて、昨日は朝からソウルの中心部の警官の数が心なしか多かったような気がしますが、このせいだったんでしょうか?
まぁ、韓国人的には色々言いたいのだろうし、色々言わないと生きていけないのでしょうから(笑)、ソウル在住の日本人としてはいつものとおり熱が冷めるのを待つしか無いのかも知れません。ちなみに今日韓国人と飲むのですが、何か言われるんですかねぇ。

ただ、違う社会にいる人間同士、その社会を越えてした約束は守ろうぜ、というのが国際法の基本的なルールってやつなんじゃないですかね?韓国人(民族)は特に自分が望む結果(歴史とか歴史とか歴史とか)以外は認めないという傾向が日本人に比べて特に強いので、何を言っても無駄という気もしますが。

|

« 週刊ブックレビュー | トップページ | カタール国際 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76877/2613046

この記事へのトラックバック一覧です: 作心三日:

« 週刊ブックレビュー | トップページ | カタール国際 »